じゃがいもびいき

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120042928

作品紹介・あらすじ

食卓を支える定番の味、名シェフならではの一皿、クラシックな調理法、多彩な品種と歴史の話-パリでの暮らしと各地への旅がもたらした、愛すべき「名脇役」とのおいしい出会い。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔読んだ「パリからのおいしい話」からの大ファンだった。やっぱよそ様の食習慣はとても興味深かった。故郷のお店’ノースブレインファーム’でのカフェメニューいも団子、コロッケはまだ食べたことがないので、是非食してみたい。

  • じゃがいもレシピ本かと思ったら、じゃがいもエッセイでした。しかし読んでみたらおいしそうなじゃがいも料理の数々…しかしフランスで、そんなにじゃがいもが食べられてるとは意外でした。

  • たかがじゃがいも、されどじゃがいも。
    ゆでただけのじゃがいもを食べるのにもとっておき、こだわりの方法がフランス人にはあるという。バターやクリームをのせて、はたまたキャビアをのせる人も!?フランスで暮らす著者が見た“じゃがいも道“の果てしなさ。
    美味しそうなレシピを読むだけでもわくわくする。

  • 戸塚真弓さんの、落ち着いているけど心の動きがきちんと伝わってくる文章がとても好きなのですが、最近は本を出されていないような?ひさびさの単行本に飛びついたけれど、新しいものではないようで。
    どうしていらっしゃるのかな?

  • じゃがいものピュレ、作ってみた。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

一九六一年、跡見学園短期大学卒業。七八年よりパリ在住。カルチェ・ラタンでの暮らしは二十余年を数える。フランスワインと料理を愛好するエッセイストとして活躍。著書に『パリからのおいしい話』『ロマネ・コンティの里から』『暮らしのアート』『私のパリ、ふだん着のパリ』『パリからの紅茶の話』『じゃがいもびいき』(以上、中央公論新社)、『パリ住み方の記』(講談社)、『パリの街・レストラン散歩』(実業之日本社)などがある。

戸塚真弓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ショーン・タン
門井 慶喜
三島 由紀夫
クラフト・エヴィ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする