ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper

著者 :
  • 中央公論新社
3.97
  • (91)
  • (146)
  • (76)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 857
レビュー : 127
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120043673

作品紹介・あらすじ

立ち寄った村の庄屋で用心棒を乞われるゼン。気乗りせず、一度は断る彼だったが……。若き侍はなにゆえに剣を抜くのか。「正義」のためか、「強さ」の希求か、それとも?

「スカイ・クロラ」シリーズの中央公論新社から出版された「ヴォイド・シェイパ」シリーズ第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013.03.01

    時間をかけて読んだ。
    素晴らしいなぁ。本当に綺麗だ。
    『スカイ・クロラ』の地上版と言ったら語弊があるだろうか。

    ゼンを見ていると(見てはいないが)某警察小説の主人公を思い出す。
    建て前と本音がない、というか。
    しかし、嘘を吐かないわけじゃないし、場の雰囲気を読んだりする。

    途中の言葉の数々の綺麗なこと。
    何度も読み返し進まない。
    わざと進まないのだが。
    p290~p291の流れがとても美しい。

    なんだか、羨ましい。

  • 今回の引用書は『茶の本』ということで、禅的思想のごとく武士道を通して森博嗣が語ろうとしているものがある。
    森博嗣の瞑想的問いかけがなされており、思想的傾向は濃厚。『スカイ・クロラ』以降は芸術性に焦点を当てるようになった。むしろ、森博嗣が本格的に書きたいものはどちらかといえばこちらではなかったのだろうか。エンターテインメントの才覚には確かに恵まれているが、それは芸術性による支えあればこそ。
    独自のセンスは森博嗣の愛聴しているプログレッシヴ・ロックを思わせるところがある。

    後期に突入した森博嗣作品、その真価を発揮しつつある。

  • 前作に続きゼンさんのモテ男ぶりが錯乱ww
    やっぱり侍って潔い真摯そしてひたむきだなーと。私たちにもこうなれるはず。常に己の死と生と向かい合いそれを受け止める器ももちあわせている。今回は、ちょっとだけ、森博嗣らしい推理も組あわさっていて、進む時間もゆっくりに感じた。それだけゼンさんが色々なものと向き合って進んでいるからなのだろうか。
    どっちにしろ、こういった森博嗣の世界観はすごく好きです。考えるということと、変化をし続けるということの先に待っていることを私も見極めたい。

  • 街に降りたゼンが、人と関わって新たな価値観を獲得してゆく。

    思索に富んだ文章も良いし、エンタテイメントとしても見せ場がある。

    ヒット作をなぞったような演出過剰で薄っぺらな小説に飽き飽きしている人には、どっしりくる。

  • やっぱり深いなぁ。
    でもエピソードが一つな分物足りない感じ。
    前作の方が濃くてよかったかも。
    戦いのシーンは一編の詩のよう。

  • シンプルな言葉ばかりなのに、どうしてこんなに綺麗なのだろう、と思わず何度もため息が。竹を見ると、竹の石のことを思い出すことになりそうです。きっと、世の中の色々なものが竹の石なのでしょう。意味って何だろう、価値って何だろう。考え始めると頭がいっぱいになってしまうけれど、面白いなぁ、人って面白いなぁ、と改めて感じたのでありました。

  • 大きな山場も目標点もない話なのに、読後これだけの満足感が得られるなんて。


  • 静謐という言葉が似合う小説。同作者の別シリーズ作品「スカイ・クロラ」を彷彿とさせるが、人に対する距離感が絶対的に違う。明確な感禅の想を書くのはとても難しく、本作のテーマである禅に則るのであれば答えは自分の中にあるのだろう。

  • 哲学の詰まった一冊。

  • スカイ・クロラシリーズ以上の空気感。少しミステリーのストーリーに寄っていくが、戦いのシーンでさえ静謐と言ったらおかしいか…起伏が少なく、淡々と物語が語られていく。

全127件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

ブラッド・スクーパ - The Blood Scooperのその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラッド・スクーパ - The Blood Scooperを本棚に登録しているひと

ツイートする