月の裏側 (日本文化への視角)

  • 中央公論新社
3.60
  • (7)
  • (23)
  • (18)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 377
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044243

作品紹介・あらすじ

人類学者の眼差しが捉えた日本、日本人、日本文化。20世紀後半の思想界をリードした知の巨人は、かくも深く日本を理解し、そして愛した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クロード・レヴィ=ストロースの日本への造詣の深さと愛着がわかる小論集。
    父親が画家だったとのことで、子どもの頃に試験の出来が良いと日本の浮世絵を1枚づつもらったと嬉しそうに述懐していたのと、米寿の折に次男から贈られた日本製の炊飯器で炊いたご飯と焼き海苔が朝食に欠かせなかったとのことで、お気に入りの「日本」の想いがよくわかる編集となっている。
    文化人類学者の観点からの日仏比較論としては、かつてフロイスやチェンバレンの指摘したのと同じ、道具や所作の真逆性の論点がなかなか興味深い。(鋸の使い方や針と糸の使い方など実際は誤解が多いようではあるが・・・)文化の多様性と、それまで自らが属した文明の相対化と再認識を力説することで、文化の原点と拠り所を浮き彫りにさせる効果を果たしていると思われる。
    また、「因幡の白ウサギ」や「天岩戸」神話を題材に、遠くアメリカ大陸や古代エジプトに伝えられた「物語」との同質性を論じる論考では、神話の原点と拡散、そして違いを検討した上で、世界規模での「日本神話」の位置付けを提起するとともに、日本文化は中国や朝鮮半島、そして近代西洋文化の影響を強く受けながらも取捨選択と洗練という独創性を経た上で、欧米等に「日本文化」として再流入していると指摘し、世界観点での「日本」の相対化を論ずる眼差しも面白かった。

    クロード・レヴィ=ストロースは招聘により何度も来日されていて、何週間にもわたるフィールド調査にも参加されており、自分の地域の近くだと能登半島にも行っておられるとのことで、そこまでの「愛着」があったとは意外でした。20世紀後半をリードした思想界の巨人ではありましたが、やはり根は人類学者ということでこういうのが好きだったんですね。(笑)
    ところで余談ながら最初に収録されている講演録(1988年)に出てくる「宮城県での最近の発掘によって、四万年前から五万年前のものとされる石器の一群が見つかり」と言っているのはもしかすると例のあれですかね?知の巨人まで惑わすとはホント罪深い奴っちゃなー!

  • 西洋人は遠心的自我を持つ
    東洋人は自我を消滅させようとする
    日本人は求心的自我を持つ。

    日本人は置かれた状況のために行動する。
    自分で選んだわけでも望んだわけでもないことに責任を取ろうとする。
    ということか?

    この思想をレヴィストロースは肯定的にとらえているようだ。

    「人々が常に役に立とうとしている。どんなにつつましい地位の人でも。
    それでいて寛いだ感じでそれを行おうとする人間性」

  • レヴィ=ストロースの考える日本。
    神話の類似性についてはなるほどと思うところ、強引ではなかろうかと思うところとありましたが仙厓についての見方や考え方はユーモラスさを中心に見ていた自分が恥ずかしくなりました。

  • 哲学

  • レヴィ・ストロース 月の裏側
    読了

    基本的に日本人が日本を讃える類の本は、バカになるので読まないけども、外国人のものなら、ときどき読もうかな、と思うときもある

    この本も、レヴィ・ストロースとはいえ、帯が日本人ってやっぱり素敵なんだよね!的雰囲気を出してたので、編集に怪しさを感じて遠ざけてましたが、なんかのところで、レヴィ・ストロースが日本好きだったののを思い出させる記事に出会って、ちょっと日本を自問してる昨今、そういえば何て言ってたんだっけ、すげー気になる、と思って手に取ってみた

    日本を自問するうえで、少しだけテーマになってるジャポニスムにまで繋がってたのは意外だったけども、構造主義的観察の対象として日本をみる視点は参考になりつつ、基本的に薄い本なので内容もそんなに深まらない。日本語も話せない自分に日本を語る資格はない、という自覚のもと、かなり控えてもいる。

    そして、このなかで、僕なりの日本的方法というのを、発見してしまった。
    レヴィ・ストロースは一瞬言ってるだけだけども、これが今の日本的独創性と言われてるもののもつ論理的正しさの割にかなり胡散臭さがある部分を、ネガ像にしてしまって、胡散臭くない実際に近いポジ像的方法なんじゃないか!!と思ってる。
    ちょっと深めていきたい。

  • 私はまだ人類学とかそういうのに疎くて、でもなんだかこの人の言っていることが面白くて、読んでいるのだけれど、


    たまに「この人の言っていることは、持論を展開させるためのこじつけだろうか。」と思ってしまうことがある。

    それはもちろん、私がまだよく理解していないまま読み進めているからであって、それが自分なりに理解できるようなところまで行けたらいいな、と思う。


    だから疑問点とか、書いておこう。

    思うんだけど、とある神話の内容について言及している時、(そこがこじつけのようにも思える、となった部分でもあるのだけど)各地に点在している神話やら民話を例に挙げていて、その共通点やら類似点を挙げている部分。

    そういうことができるのはつまり、世界各国少数民族、部族を含めすべての神話なり民話を網羅した上で、その類似個所についてあげるのであれば、それは全体の中の類似点としてそれをどういう立ち位置で見ればよいかを理解することができるのだけれど、多分この人がやってるのはそういうんじゃないんだよねぇ?

    「自分の調べた中で」(もちろんそれはきっと途方なまでに膨大で深遠なものなのだということは承知の上で)この類似点についてはこういうことが言える、というような関係性とか機能を説明する小さな説明書を作っている、という感じなのかなぁ?でもそれは最終的にどこへ向かっていくんだろう?

    という私の考え方そのものが、彼の築いている思考回路をまだ理解していない既存の古いものの使いまわしなんだろうか。

    「構造主義」というものがまだ私には見えてない状態なのかもしれない。

    ということを考えながら次に進んでいきたいと思う。

  • 日本神話は日本神話で完結するものだと思い込んでいたが、世界の伝承との似通いから、同じ物語が人々の移動によって伝わっていったのかも知れないことに視界が広くなった気分。
    ただ、著者があまりに日本を美化していていたたまれない…。
    本人も来日して思い込みに気づいたところもあったようだけれども。

  • 異文化間の神話に共通項を見いだそうとする牽強付会な姿勢こそが、アンチ野生の思考じゃないのかと思うのだが、どうだろう。
    記紀を神話のほぼ完全な状態というが、その編纂は古代において体制翼賛の工夫から生まれた国家プロジェクトであることを知るがゆえに、そんなにピュアなものに思えなかったり。
    日本の近代の出発点が革命や批判精神でなく復古だったことが述べられている。たぶんその辺りの理由で平安時代の書物に傾倒しているのかなと思う。でも、むしろ「もののあわれ」は宣長以降の近代的評価というか。日本人の日常的直感としては、網野善彦的な室町の子が馴染みやすい気がする。
    西洋が断片的にしか野生的なものを引き継いでいない、たち返れない溝があるという喪失感が、異様なまでに日本という異世界を意識させている。現代の日本びいきな外国人の中にもきっとこの様に精神分析できる人が多いのでは。
    日本から見れば西洋近代思想こそ、ギリシャ・ローマ、キリスト教、ゲルマン的思想などを統合した、西洋版野生的思考の総集編のように感じるが、当の中の人は意外とそれに疎外感があるのでしょう。

  • ストロース氏の日本招待講演などの短文集で、古事記・日本書紀・源氏物語・日本の工芸や美術等をフランス・アメリカ・エジプトなどと比較解説している。日本の文化・芸術について、世界的視野からの重要性が理解できる。しかし、知識を有している人に語り掛ける形であり、私には表面的な理解に終わった。

  • 読了。図書館で借りた本。武田鉄也のラジオで紹介されていた。飛ばし読みして返却しようかと思ったが、熟読した。結構根気にいった。今すぐ役には立たないかもしれないが、なんかあるのではと思った。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1908年11月28日ベルギーに生まれる。パリ大学卒業。1931年、哲学教授資格を得る。1935年、新設のサン・パウロ大学に社会学教授として赴任、人類学の研究を始める。1941年からニューヨークのニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチで文化人類学の研究に従事。1947年末パリに戻る。1959年コレージュ・ド・フランスの正教授となり、社会人類学の講座を創設。1973年アカデミー・フランセーズ会員に選出される。1982年コレージュ・ド・フランス退官。2008年プレイヤード叢書(ガリマール社、フランス)全1冊の著作集Œuvres刊。2009年10月30日、100歳で逝去。

「2020年 『今日のトーテミスム 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クロード・レヴィ=ストロースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
サン=テグジュペ...
J・モーティマー...
三島由紀夫
クラフト・エヴィ...
クロード・レヴィ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×