ベル・エポックの国際政治 - エドワード七世と古典外交の時代

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044298

作品紹介・あらすじ

60年間皇太子、国王在位は9年間、されど…第一次世界大戦前夜のヨーロッパに、外交的努力で平和の時代を築こうとした英国王エドワード七世。美食家で艶福家でもあった王の治世を詳細にたどる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 君塚直隆『ベル・エポックの国際政治 エドワード七世と古典外交の時代』中央公論新社、読了。第一次大戦前夜の欧州はポピュリズムと拝外主義の興隆の世。この時世で、冷静に平和を模索する人物がいた。それが「万年皇太子」と揶揄されるエドワード七世。本書はピースメイカーをめぐるすぐれた評伝。

全1件中 1 - 1件を表示

君塚直隆の作品

ツイートする