人種は存在しない -人種問題と遺伝学

制作 : 山本 敏充  林 昌宏 
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120044816

作品紹介・あらすじ

「人種」という概念は、人類に忌まわしい歴史を刻んできた。人種差別の歴史を振り返りつつ、「人種」が生物学的な意味を持たないことを示す一方、遺伝子には、異なる祖先集団への帰属が読み取りうることを紹介。偏見やイデオロギーを超え、人類全体の尊厳を希求したサイエンス・エッセー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遺伝を語りたいなら論拠薄め
    差別を語りたいなら片手落ち
    何より人種は存在しないという邦題の割には人種も含めた多様性に言及してるように読めるのは気のせいでしょうか
    無理やり詰め込まずに、各論ごとに優れた類書あるので、そちらを読むべきです

  • 【選書者コメント】インパクトの強い題名に目を奪われるが、遺伝子学者としての説得力ある論理が展開されている。
    [請求記号]4600:664

  • 肌の色や顔立ちが違う人々を、私たちは本能的に自分と違う!と思い恐れる。それが人種間の争いや差別といった悲劇を生んでいることは周知の通り。本書は人間の遺伝子を解き明かすことで、私たち人間がどれだけ均一な存在か、要するに一つの種かということを教えてくれる。様々な差別の歴史や、現在も続く人種のステレオタイプについても目が開かれることが多い。日本人は、民族意識、差別意識という点では、かなり後進国だと思うが、民族や人種の優劣を語ることがいかに愚かか、ぜひ一読を勧めたい。

  • 人種は存在しない。

    その事を現在の科学などから説明をした本。
    また、それらに関する生物学的な事柄についても説明してある。

    割と、難しめの本でした。
    読みごたえはあります。

  • 人種および人種差別に関する小史
    人種は明白なものか
    科学は人種を否定する
    差異と格差
    ヒト集団の多様性―最初の目印
    スニップスがヒト集団を定義する
    さらに詳しく解説するなら…
    われわれはみな、クロマニョン人の子ども
    人種ビジネス
    犬とヒト
    「人種」と病気
    「特定ヒト集団用の」医薬品
    「人種」と能力
    旅の終わり

全6件中 1 - 6件を表示

ベルトラン・ジョルダンの作品

ツイートする