夢も定かに

著者 :
  • 中央公論新社
3.49
  • (3)
  • (18)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045318

作品紹介・あらすじ

郷里を離れ、天皇の身の回りの世話をする采女としてやってきた若子。同室にはしっかり者の笠女、数々の男性と浮き名を流す春世がいた。器量は十人並み、何事につけても不器用、優柔不断な若子も、次第に宮廷内で生き抜く術を身につけていく。だが藤原一族の勢力が伸張しつつある時代にあって、若子も政争に巻き込まれ…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 軽やかで読みやすい。平城京の後宮のお仕事と意地。清々しい青春記。

  • 聖武朝、3人の采女が中心の物語。文庫版の表紙はかわいらしいイラストになってるが、そのイメージでもじゅうぶんイケる。
    石上朝臣志斐弖が登場すると聞いて読んだが、なぜか常陸出身の采女ということになっていた。左大臣石上麻呂からはじまる石上朝臣氏とはいったい…いや、小説だからストーリー展開に必要なら史実を曲げるのも仕方ないのはわかってるんだけどね…
    藤原房前は好き

  • 2016.10.05

  • 女がどう生きるのか。誰にもその幸せを決めさせない。

    舞台は聖武天皇の奈良時代、後宮に勤務する采女の若子を中心に、その同僚の笠女、春世らの物語が紡がれる。正直、この時代は不勉強だったが、そんなに詳しくなくても大丈夫だった。説明はされているし、主な登場人物が最初に載っているし、歴史小説とは時代が違うだけで、いわゆる「働く女子」の物語なのだ。キャリアを目指すもの、玉の輿を狙うもの、漠然と働くうちに何かを見出すもの。女子の社会に疲れたり奮闘したり、男性社会との距離に悩んだり。短編集でひとつひとつの話はそんなに長くなく、全編を通じて奈良の宮廷社会も味わえる。楽しい。

    同僚女性の中からぬきんでよう、あわよくば男性官吏に並ぼうとする笠女。添い遂げることができなくても、恋に生きる春世。流されるだけでなく、自分の足で歩こうとする若子。厳しい上司、辛く当たる先輩、慕ってくれる後輩。自分の身近にもいる働く女性たちの姿である。奈良でも現代でも、いつの時代も変わらない。

    個人的に、権力争いの中で聡明な姿を示す井上皇女(聖武天皇と広刀自の長女)が印象的。特に彼女の進むこれからを思うと。

  • 各章独立一話完結型の、奈良時代の下級女官たちの群像劇。
    この時代に多い貴族皇族の政争はあくまで背景、架空ではあるが、当時いたに違いない歴史の闇に潜んでいる女たちの切ない日常。姫君のありがちな色恋沙汰ではなく、寄る辺無き女たちの仕事ぶりがわかる。

    澤田ふじ子二世という予備知識がなく読んだ。
    ラノベ歴史ものみたいな平易さだが、よみやすい。ラノベよりはしっかり純文学している、お硬い感じ。

    資料調べがていねいで当時の風俗がよくわかるが、その描写に嫌味さがない。時代は聖武天皇の御代。

    この時代の小説はいくらでもあるし、里中満智子の漫画に感化された軽いもの、と期待しないでいたが、おもしろかった。
    ただの歴史マニアだけではなく、著者の労働体験が生きているのではないかと思わせる、非常に闊達した人間ドラマとなっている。別作も読んでみたい。




    ただ、主人公の若子があっさりと権力者の宇合とねんごろになってしまうあたり、最後にそのことが後輩を救う手だてになるとはいいつつ、いささか無理がある気がしたので★は4つ。

  • 2015.5.13

  • 澤田瞳子2冊目。
    お堅い内容だった『日輪の賦』にくらべると、主人公が3人の若い采女ということもあり、とても読みやすく面白かったです^^
    後宮での采女の仕事ぶりや生活が詳しく描かれており、この時代が好きな人には たまらないですね。
    一話一話きれいにまとまっていて、これ、漫画とかで見てみたいなあ。

  • 雰囲気を分かりやすく例えるなら、『クララ白書』+『なんて素敵にジャパネスク』って感じ。
    特に何の取り柄もないけれど明るく真っすぐな主人公。
    男に負けない仕事がしたいと必死な才女・笠女。
    藤原麻呂の愛人であり、宮廷内で数々の浮き名を流す美女・春世。
    彼女たちを通して、当時の後宮の雰囲気や構造、空気感や文化のようなものが、ものすごくリアルに浮き出るのです。
    わたしは春世が一番好きですが、この時代、閨事が秘め事ではないとはいえ当然無法地帯というわけではなく、不文律の秩序があったはずなんですね。そういう不文律を描くのは小説の役割だなと改めて感じた。
    藤原房前も出てきますが、教科書赤文字有名人に、ちゃんとキャラクター的魅力を与えて動かすのが本当に上手いなと思います。

  • 澤田さんの作品を初めて読みました。
    藤原不比等と房前が好きなので
    面白く読めました。
    不比等さんの時代のお話を書いてほしいです。

  • 宮廷青春小説

    慣れない名前や部署名に苦戦しましたが
    主人公たちの奮闘ぶりに好感

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

澤田瞳子(さわだ・とうこ)
1977年京都府生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院文学研究科博士課程前期修了。専門は奈良仏教史。母は作家の澤田ふじ子。時代小説のアンソロジー編纂などを行い、2008年、第2回小説宝石新人賞最終候補。2010年『孤鷹の天』で小説家デビュー。2011年同作で第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。2012年『満つる月の如し 仏師・定朝』で第2回本屋が選ぶ時代小説大賞、第32回新田次郎文学賞受賞。2015年『若冲』で第153回直木賞候補。2016年同作で第9回親鸞賞受賞。2017年『火定』(PHP研究所)で第158回直木賞候補。2019年『落花』(中央公論新社)で第32回山本周五郎賞候補および第161回直木賞候補に。

澤田瞳子の作品

ツイートする
×