士道残照 - 幕末京都守護職始末

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045523

作品紹介・あらすじ

手段を選ばず挙兵討幕を画策する岩倉具視と大久保利通。受けて立つ将軍慶喜。苦悩する会津藩は、調停役の坂本龍馬を失い、新選組とともに鳥羽伏見の戦いへと引きずりこまれる。士道を貫かんとする若き剣士たちの闘魂と慟哭を描く歴史長編。シリーズ完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 刀が銃砲に敗れた禁門の変後、孝太郎は士道に生きるべく、新たな戦いへ飛び込んでゆく。生死を超え、士道に生きることを再び選び、銃を構える敵陣に向かって、孝太郎は大刀を振り上げ切り込んでゆくのでした。
     
    最後が、少し尻切れ蜻蛉のようでもう少し続けてほしかった。

  • 銃や大砲が勝敗を決し、刀では太刀打ちできない。
    それが明白になった禁門の変以降、武士が武士たるゆえんを追い求める主人公を描く。
    慶喜の変わり身や、薩摩の奸計にふりまわされながらも、士道に生きた、主人公と京都守護職(会津藩)。
    くすぶっていた主人公が、一歩ずつ前を向き、駆け抜ける姿がすがすがしい。

  • これで終わり?・・・唐突でした

  • 刀は終わりだね。ピストルだー

  • 最後の武士たちの矜恃と葛藤に合掌…。痛快シリーズだ。前二作に続けて読んだが、冒頭にこれまでのあらすじが欲しかった。もう忘れてるっちゅうねん。

  • 歴史の流れで、時を味方にできなかった。それだけで、計画していたことてかも駄目になったり、敗北感がたくさんありました。
    その中でも、武士道をつらぬこうとしている主人公。頑張れと応援してました。

全6件中 1 - 6件を表示

藤本ひとみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする