箱根駅伝 - 世界へ駆ける夢

  • 中央公論新社
3.67
  • (2)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120045653

作品紹介・あらすじ

襷に込めた意志と情熱。箱根に憧れ、箱根に泣いて、ランナーたちは強くなる。走り継がれる想いを背負い、箱根路の歴史を彩った選手たちの物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 箱根駅伝を走った選手達の列伝。箱根有害論も唱えられる昨今ですが、箱根から先に行けないのは別の問題なんじゃないかと思わないでもない。

  • 「もう少し行かせてほしい」と懇願する高嶋を大後栄治コーチが抱きかかえるようにしてレースをやめさせたのは5キロ地点だった。p.128

  • 週末のフルマラソンに向けて、気分は早稲田大学競争部、オーバーペースに気をつけよう(^O^)/

  • 箱根駅伝ほどのレースになるとどの選手も心身ともにぎりぎりで闘っているということが伝わってきた。

全3件中 1 - 3件を表示

読売新聞運動部の作品

ツイートする