どこでもないところで - 河野裕子エッセイ・コレクション*** (河野裕子エッセイ・コレクション 3)

著者 :
  • 中央公論新社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046384

作品紹介・あらすじ

今も人々の心に生き愛され続ける歌人の大胆で率直、すこやかなエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 河野裕子さんの没後に刊行されたエッセイ集・全3巻の3巻目。1~2巻目よりも歌論の話が多い。とくに、病床にいながらも野心多き子規と彼を支える母妹を描いた「家長子規」は雄編と思う。子規の妹・律は子規の没後、共立女子職業学校に入学し、さらには教員になったそうだ。

  • 自分のための言葉を使いたい。
    カバーを外すと、本の魅力が引き立ちます。

全2件中 1 - 2件を表示

河野裕子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×