巨人V9とその時代

著者 :
  • 中央公論新社
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046476

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これを書くために著者が野球殿堂博物館の資料室にこもっていたという話を聞いたことがある。「売れないけど価値のある本」というカテゴリーがあるとすれば、間違いなくそれに当てはまるものだろうと。あ、いや、球団代表時代に小僧記者の心を随分とへし折ってくれたからって、決してディスってるわけではありません、念のため。

    題材になっている1959年から1974年といえばまさに「巨人V9」で、そのことはある程度知っていても、「その時代」の方は知らないことばっかりだ、ということを知ることができただけでも大きい。プロアマの問題とか、テレビ放送の参入とか、いまでは考えられない当時のチーム・ゲーム運営とか。

  • 巨人のV9は努力の賜物だったのだと、改めて理解

  • 私がリアルタイムに知っているのは川上巨人の末期だけなので、とても勉強になった。

  • 題名からは巨人中心の内容かなと思いましたが、12球団ほぼ平等に、天覧試合から長島引退までの歴史が記述されています。職業野球と蔑視されていたプロ野球が国民的なスポーツとしてステータスを築いていく過程を、各年度の名試合の様子と主要な出来事を交えてまとめています。当時の投手の起用方法は、主力投手の連投がやたらに多く、ローテーション方式の確立した現在からみると吃驚します。淡々とした記述が続きますが、昔の選手が個性的であったことは充分に伝わってきます。長島の引退がプロ野球の歴史の境目であることを改めて納得しました。

全4件中 1 - 4件を表示

山室寛之の作品

ツイートする