火桜が根 - 幕末女志士 多勢子

著者 :
  • 中央公論新社
4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120046513

作品紹介・あらすじ

国の夜明けをたぐり寄せた女。勤皇のため、信州の伊那谷から単身上京した松尾多勢子。宮中に接近する一方、岩倉具視に直談判、久坂玄瑞に慕われつつ天狗党を助けた天衣無縫の女傑!書き下ろし歴史長篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 風雲急を告げる幕末。勤王のため、信州の伊那谷から単身上京した松尾多勢子。10人の子持ちの母親ながら、穏やかな余生よりも信念を抱いて嵐のなかに乗り出すことを選んだ52歳の老婆は宮中に接近する一方、岩倉具視に直談判、久坂玄瑞に慕われ、また、沢山の若き勤王の志士の力となり金銭面でも私財をなげうってまで志士たちを助けた天衣無縫の女志士。心に響き生涯忘れられない本の一冊でしょう。本好きの方は是非読んでみてください。

  • 帝の手に政を取り戻す。
    勤皇精神に生きた女性を描く。
    主人公が、田舎の年配の女性で驚く。
    しかし、彼女だからこそできる戦い方を見つけ、幕末の混乱期を生き抜く姿は、痛快。
    平田派や長州側を読むのは珍しく、いろいろ新鮮。
    血なまぐさい歩みの中、多勢子と若き志士の信頼関係がすがすがしい。

全2件中 1 - 2件を表示

藤本ひとみの作品

ツイートする