あの家に暮らす四人の女

著者 :
  • 中央公論新社
3.47
  • (106)
  • (354)
  • (422)
  • (84)
  • (10)
本棚登録 : 2485
レビュー : 410
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047398

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はじめて読む作家さんの本。

    すごくおもしろかった!です。
    今年読んだ中で一番。

    何の変哲もない、旧家で暮らす4人の女性の日常の物語(タイトルそのまま・・・)ですが、もう惹き込まれ一気読みです。
    何がツボだったのか。ストーリーはよくある女性同士の共同生活をつらつらと、なのですが、ところどころ笑いがこみあげてくるところがあります。

    あと、キャラが光ってました。
    母親の鶴代さんがぴか一ですが、娘の佐知もなかなか。
    同居の二人が違う個性なのも。

    人生、いろいろあっても楽しいし。こんな風にゆるーく生きていくのもいいな、と。

  • アラフォーで独身の佐知、その母鶴代、佐知の友人の雪乃、雪乃の会社の後輩の多恵美。
    4人が暮らす古い洋館で、静かに日常が繰り返される。たまに不思議なことが起こりながら。

    淡々と4人の女性の日々を描いているかと思いきや、河童のミイラ(偽物)が出てきたり、カラスがいきなり語り手となったりと、ファンタジー感が一気に高まる場面もあり、まるでアトラクションのような飽きさせない長編。

    どこか浮世離れした呑気さの鶴代や警戒心のなさすぎな多恵美など、個性豊かな彼女たちの会話が面白い。

  • 木暮荘物語が好きな私にとって

    何人もの人間の共生

    というような背景の、小説は
    好物と捉え、タイトルで選んだ作品。

    途中、まさかの展開に
    驚いたけれど、
    万城目作品を読み続けていた今の私には
    案外すんなり受け入れられる程度のファンタジーでした。

    振り返ると
    ちょっと笑っちゃう。

    けれど
    泣ける。

    やっぱり、三浦しをんさんの作品は
    気持ちがあったかくなります。

  • 母娘と友人、その後輩。女四人がひょうんなことから同居を始めた都内の洋館。母娘を昔から見守る老人や異界の目も入りながら、大小様々な事件をまったり乗り越え、ゆっくり変化する日常。居心地の良さの中にも、遅かれ早かれ変化するであろう環境に揺らぎつつ、これからも「でも幸せ」なのだろうと思う。「昔あんなことあったよね」と幸せな日々を回想するのが現在進行形であるかのような。今それをわかっていて良かったと思えるような。こんなシェアハウスっぽい老後、あこがれるかも。でも現実には資金面との闘いだろうな。

  • 古い洋館に住む4人の女性たち。親娘、娘の友人、友人の後輩。まるで「細雪」の姉妹のように暮す女性たちの日常が描かれています。ストーカー騒ぎだったり、雨漏りだったり日常がのんびり過ぎていく。物語の中心の佐知は不器用でついつい応援したくなるし、その友人の雪乃との友情も近過ぎもなく遠くもなくちょうどいい。4人の女たちがそれぞれ魅力的で、こんな共同生活はおとぎ話のようで、ありえないと思いながらあったらいいなと夢見てしまう。三浦しをんさんのお話はいつもどこかくすっと笑いを誘います。最後までほっこりした気分になれるステキな小説です。

  • あらすじ
    東京の阿佐ヶ谷。新宿までは10分だけど、駅からは徒歩20分のお化け屋敷なみの古い家。38歳刺繍作家の佐知、母の鶴代、佐知の友人雪乃、雪乃の後輩多恵美が暮らす。離れには使用人の息子だった老人山田。ある日は、開かずの間からカッパのミイラを見つけてしまったり、あるときは多恵美の元彼問題を解決したりしながら暮らす。

    軽ーく読める。何か発展があるとか、前に進むとかはあまりない。ただただ女4人の暮らしをふつーに書いている。東京なのに、よく育つ畑とか、デパート行くのに一大事とか、お風呂上がりに部屋に上がり込んでうだうだしゃべるとか、ドラマにしたら面白そう。深夜枠のゆるい時間に。

  • *謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。ざんねんな女たちの、現代版『細雪』*

    タイトル通り、4人の女の共同生活をゆるゆると綴った物語。途中まではよくある内容でさらっと読みましたが、語り手が変わった途端、見える情景が変わりました。この世にはない多くのものに見守られているー普段は気付きもしないこのことに胸を突かれます。やさしい読後感、さすがです。

  • じぶんのことかとおもった

  • ちょっと風変わりだけど、
    すっごく当たり前の日常を
    現実的に描いてる。
    かと思いきや急激に
    ファンタスティックになったり。

    佐知のじっと考えてること、
    雪乃の思うこと、鶴代の生き方、
    それぞれ風情があって好きだった。
    山田さんへの当たりの話も、
    自分の中での実感のない父への思いだったり。
    けっこうじわじわ好きな感じだったなぁ。
    梶さんもよい。

    突拍子のなさがすごいので、☆4で。
    でも神田くんターンはけっこう好きだった。

  • タイトル通りのとある豪邸に同居する母娘とあかの他人の同居人女性2人の計4人の女だらけの同居生活を描いた作品で、坦々と物語が進んでいき、気が付けば物語が終わっていたという何とも表現の難しい作品でした。

全410件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

あの家に暮らす四人の女のその他の作品

三浦しをんの作品

ツイートする