• Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120047992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • *旨い味噌汁の作り方から古びたお守りの始末まで、意外と知らない「たしなみ」を13人の作家、歌手らとともに考える新たなマナー考 *

    「考えるマナー」がとても面白かったので、期待して読みましたが…好きな作家さんが少なかったこともありますが、「考えるマナー」よりも格段にユーモア要素が少なく、ごくごく普通の内容でした。安定の藤原正彦氏、酒井順子氏以外はさらっと読んで終了。

  • 前作? にあたる考えるマナーも面白かったので楽しみにしてました。
    そんなマナー考えたことないよ的なものがわんさかです。しかもどれも真面目にマナーなの。うんうんってうなずきわかるわかると。
    角田さんの焼肉のマナー面白かった。燃え盛る炎の中で肉を焼きながらウジウジした気持ちはご法度です。
    2016年一発目の本として軽くて読みやすかった◎

  • 13人が変わりばんこで、それぞれのマナーについて語る。
    さだまさしが書いた分は、なんだか読んで嫌な気になるのではずして欲しかった。
    頼んじゃったから載せないわけにはいかなかったんだろうけど・・・

  • 思索

  • 「マナー」というくくりで、いろいろな人のエッセイが紹介されている。中にはマナー関係ないじゃんという物も多いが・・。

  • 前作「考えるマナー」に満足し、装丁に惹かれて手にとった。知らない人、名前しか存じない人がほとんどだったので、読みながら、どんな人なのか知る楽しみがあった。
    人を知るの意味は、その人のすべてを知ることは不可能で、氷山の一角のような部分を知っていることでしかない。肩書きや年齢、性別、名前、出自、そういうもの以外のその人が滲み出ている。日常生活で誰かと話している時、パッとあるページが思い出される。読んだことを聞いたように話したくなる。そうやって人は、伝えにくい分かりにくい、いろんなことを伝え続けてきた。
    170325

  • (2016.4.19)
    (349P)

  • 寄藤さんのイラストがうれしい。新聞エッセイとのことで読みやすかった。私も「同級生」の使い方が気になる!

  • この種の邂逅、インターネットでは望むべくもない。さらにいいのは、古書店巡りはけっこう足をつかうから、適度な運動ができるからだ 死を考えると、かえって生が充実してくるのだ 誰がどれほど変化していようと、黙って受け止め合う包容力こそ、旧友との再開で求められることなのでしょう 楽しみは、後ろに柱 前に酒、左右に美人、ふところに金

  • 角田光代や逢坂剛など13人の作家がマナーについて書いている。見開き1ページで○○のマナーとして思ったことを書いている。面白いものも知らなかったこともあった。
    ただ、分厚い本で長かったなー、、、

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

綿矢りさ(わたや・りさ)
1984年生まれ。京都市立紫野高校在学中に17歳で初めて書いた小説「インストール」で、文藝賞受賞。19歳で書いた第2作の「蹴りたい背中」で、芥川賞受賞。史上最年少での受賞として話題になり、同作は120万部の大ベストセラーに。
その後、早稲田大学教育学部に進学、卒業後は、専業の作家として執筆を行う。2011年、『かわいそうだね?』(文芸春秋)で大江健三郎賞受賞。
上記以外のおもな著書に『しょうがの味は熱い』『勝手にふるえてろ』(文芸春秋)、『夢を与える』『憤死』(河出書房新社)、『ひらいて』『大地のゲーム』(新潮社)など。

「2015年 『ウォーク・イン・クローゼット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綿矢りさの作品

マナーの正体を本棚に登録しているひと

ツイートする