彼女に関する十二章

著者 :
  • 中央公論新社
3.64
  • (19)
  • (85)
  • (62)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 484
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120048449

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦前から戦後にかけて活躍した小説家・伊藤整のエッセイ「女性に関する十二章」をモチーフに書かれた物語。この本はもちろん、伊藤整さんは(名前は知っていても)一冊も読んだことがないのですが。。。
    主人公は50歳の主婦・聖子。こちらも十二章から出来ていて、聖子さんの抱えるなんとも楽しいモヤモヤ(息子に彼女が出来ないと悩み、できたと思ったらちょっと妙な彼女で悩み。初恋の男性の息子にときめいたと思ったら、お金を使わない生活を目指す男性に好かれたり・・)と伊藤整の「十二章」が絡み合いながら話が進みます。
    しかし毎度のことながら、中島京子さんはなんか可笑しい。
    ホワリと温かく、クスクス笑える本でした。

  • 思ったより全然軽くて明るくて心が軽くなる本だった。時にはこういう本もいいな。

  • 読み終わってからじわじわ感動する、あとから来る系の1冊。聖子さん齢50歳。自身では変化のない人生だと思っているけれど、どっこい色々な事がこれでもかとやってくる。本当に人生って分からない。それが聖子さんの言葉を借りて淡々と書かれ穏やかで優しくて好感が持てる。中原中也の『頑是ない歌』の引用が的確。上手に溶け込んでいる。「私にとって最も美しい滅亡の物語は、淡くて遠くにある時間なの。それはたとえば、十二の冬の夕べの、港の空の汽笛の湯気みたいな細やかな揺らぎなんだわね」聖子さん、読者とシンクロし物語は美しく終る。

  • 同世代の女性が、仕事したり、ハプニングが起こったり、子供の成長など、毎日色々ありながらも生き生きと生きているのがすがすがしいと思える1冊でした。
    同世代でありながらもまだ我が家は子供が中学生なので、数年後の心情の参考にもなりました。
    夫婦の会話も本の話ができてうらやましいわ!
    子供が成長すると、こうやって夫婦だけになっちゃうのねと現実はなかなか寂しいものですね。自分が聖子さんみたいにもがきながらも子離れできるか不安です・・・

    昔の女性の生き方とリンクさせている設定が新しいと思いました。
    やや文章が読みにくい感じもあったので、★3つ。

  • 大学の同級生守と結婚して25年、50歳になる宇藤聖子は一人息子の勉が中学に入った年から週3日税理士事務所で働く。彼女の日々の生活と夫が会社の創業者のPR誌に頼まれた連載の元にする60年前の女性論「女性に関する十二章」の彼女なりの考察

    ◆年齢は近いはずだけどイマイチ入り込めなかったな。しかし50歳の旦那さんが、奥さんが仕事増えることに対して心配することがそれだけとか「はぁ?」無愛想な息子の彼女も「はぁ?」種撒く人の息子も「はぁ?」もう、謎だらけでちょっと消化試合

  • いくつになっても人は惑うのかー
    そうだろうなー
    そして胸に内にある「なんてことない」が「大事」になったり、「ときめき」が「どうでもいい」になったり。
    外側からは何も変わっていないけれど、中身は刻々と変わっているんだろうな。

  • 参考文献、読んでみたいな。
    守さんの解釈みたいな内容なのか確かめたい。

  • 常識とユーモアのセンスもしっかり持ち合わせている50歳の聖子さん。大いに共感しつつもちょっぴりうらやましかったりして…
    過去を悔いたり、未来を憂えたりするより、今を楽しもう!
    「今日と明日は違う一日で、それぞれ新しいことを体験する、それを知るだけでも意味はあるんだ」に納得。この世は生まれてくるに値する。

  • いくつかの非日常的な出来事を通じて、主人公の宇藤聖子が思い、感じ、考えていく様(=脳内独白)がなにやらリアルに描かれていて思わず引きこまれます。60年以上前の婦人公論に連載された「女性論」エッセイをベースとした章構成もマル。

    • nori-kokkosanさん
      内容も、読んだタイミングもツボでした(笑)
      池井戸潤の小説が働く人への応援歌なら、本書は50代女性への応援歌のようだね。
      内容も、読んだタイミングもツボでした(笑)
      池井戸潤の小説が働く人への応援歌なら、本書は50代女性への応援歌のようだね。
      2017/04/23
  •  ソレテンチハバンブツノゲキリョニシテコウインハヒャクタイノカカクナリ
     「婦人公論」の伊藤整「女性に関する12章」を下敷きに、中島さんのこの作品は始まります。伊藤さんの文章に現在風の解釈を次々加え、50代の夫婦の暮らしや、奥様のちょっとウキウキした日常を楽しく描いた作品でした。

全82件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

中島京子(なかじま きょうこ)
1964年東京都生まれの作家。『FUTON』でデビュー。著書に『小さいおうち』(直木賞)、『かたづの!』(河合隼雄物語賞・柴田錬三郎賞)、『長いお別れ』(中央公論文芸賞)等。2019年5月15日、新刊『夢見る帝国図書館』を刊行。

中島京子の作品

ツイートする