彼女に関する十二章

著者 :
  • 中央公論新社
3.63
  • (19)
  • (85)
  • (63)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 484
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120048449

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 熟年世代の仄かな淡い恋心がピュアに描かれていて好き。
    恋と呼べるのかどうかもわからないけれど、
    生々しく発展せずに、いい感じのところでぴたりと終わるのもいい。
    いろんな形の人生や恋愛があって、それでいいんだ!
    と素直に前向きな気持ちになった。

  • 伊藤整『女性に関する十二章』がモチーフ。主人公は、一人息子が家を出て、週三のアルバイトをしながら夫婦二人の生活を送っている、そろそろ月のものもあがりそうな気配の聖子。

    体を冷やさないように温かいお茶を飲みながら、夫の仕事に絡む本を読んでみたり、初恋の人の息子にときめいたり、新しい仕事にチャレンジして新しい出会いを体験してみたり、ごく普通の主婦が穏やかに歳を取っていくとこんな風になるのだろうな、という感じの小説です。
    本人にとってはもちろん穏やかなことばかりではないのですが、近頃殺伐とした本ばかり読んでいたせいか、読後はほんわかとなりました。

    作中にある中川中也の詩が、今の自分の状況にぴったりでどきりとしました。

  • 50代の女性のありがちな日々を、伊藤整のエッセイを用いてさらりと綴った作品。

    取り上げているのは、更年期による体調の変化や、自立した子どもの心配、仲は悪くはないけれど時々いらっとする夫との会話、初恋相手の死とその息子とのかかわり、パート先での出来事などなど。どれも50代の女性にふと訪れそうな、身近なことばかりだ。
    それらは、ともすると思い切り深刻な問題になりそうなのだが、主人公の性格もあってふわりとかわしているところがいい。
    一般的にマイナスイメージばかりがクローズアップされて、厄介なお年頃と考えがちだが、こんな風にうまく乗り越えられたら人生楽しめるかも。

  • みんな文学部卒みたいな理屈だらけで、面倒くさいと思ってしまった。
    あまり共感できず。

  • 平凡な主婦の話。
    会話が多くて読みやすかった。
    もうちょっと大人になってからまた読もうかな。

  • 主人公はいい女だったんだ
    50歳のおばさんかと思っていたら・・・
    なかなかどうして、いいじゃん

  • 更年期世代、ミドルエイジ応援小説、って何ですかぁ〜? と思いながらも見事にハマった。

    夫の仕事の参考資料である 六十年前のベストセラー作品、伊藤整『女性に関する十二章』を読み始める聖子。彼女の日々の出来事は不思議とその作品とリンクしながら進む。
    「50歳になっても、人生はいちいち驚くことばっかり」
    息子は巣立ち、夫と二人の暮らしに戻った聖子。
    どうしたって違う、これまでとこれから。

    文学好きにはたまらない薀蓄もチラホラ。個人的には中原中也の詩にやられた。

    夫婦の距離感、会話がリアルでほのぼのとしていていい。
    息子の彼女のチカちゃんが思い描いていた女の子と違っていた時の聖子の反応も、なんだかいい。それをちゃんと認めるところも。
    調整さんもいい味出しているけれど、小次郎も結構気になるキャラだ。

    「女性論」というよりは「哲学」かな。
    日々の悩みがうまい具合に『女性に関する十二章』とリンクする。その悩みは、聖子の、というより私そのもののものであったり、隣近所の誰かのものであったり。
    うんうん 頷きながら読む自分がいた。

    伊藤整『女性に関する十二章』も読んでみたくなった。六十年前のベストセラー…時代は変われど、論じていることは変わらない。


    最終章「この世は生きるに値するか」に至るための十一章まででもあるのかなぁ とも思う。
    半ばまで、少し金井美恵子を読んでいる感じでもあった。金井美恵子よりも毒はなく、聖子がなんだかんだで良い人なんだろうなぁ、と。
    自然と人を引き寄せてしまう人。
    始まりがお赤飯なら、終わりは青豆ご飯、という発想もいい。


    あがっても あがらなくても。
    まだまだ人生は続くのだよね。そして、案外、ここからの人生も楽しそうだな。
    クドクド考えながら、あれこれ思い巡らしながら、周りの人たちも、自分の人生も、続く続く。
    脳内独白バンザ〜イ!

    来るべき その日に向かって。。。

  • 2017/10/26
    主人公の性格が明るくて、こだわりがなくてすごく可愛げがある。私はこんな人になりたいという憧れ
    旦那さんも気さくで脳天気で、人に押し付けるところがない。
    こんな理想の夫婦いるのかな
    こんな2人なら 衝突もないし、穏やかな人生と生活が送れると思うな

  • 思ったより全然軽くて明るくて心が軽くなる本だった。時にはこういう本もいいな。

  • 同世代の女性が、仕事したり、ハプニングが起こったり、子供の成長など、毎日色々ありながらも生き生きと生きているのがすがすがしいと思える1冊でした。
    同世代でありながらもまだ我が家は子供が中学生なので、数年後の心情の参考にもなりました。
    夫婦の会話も本の話ができてうらやましいわ!
    子供が成長すると、こうやって夫婦だけになっちゃうのねと現実はなかなか寂しいものですね。自分が聖子さんみたいにもがきながらも子離れできるか不安です・・・

    昔の女性の生き方とリンクさせている設定が新しいと思いました。
    やや文章が読みにくい感じもあったので、★3つ。

著者プロフィール

中島京子(なかじま きょうこ)
1964年東京都生まれの作家。『FUTON』でデビュー。著書に『小さいおうち』(直木賞)、『かたづの!』(河合隼雄物語賞・柴田錬三郎賞)、『長いお別れ』(中央公論文芸賞)等。2019年5月15日、新刊『夢見る帝国図書館』を刊行。

中島京子の作品

ツイートする