「電脳マジョガリ」狩り

著者 :
  • 中央公論新社
3.35
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120048531

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 武蔵野大学図書館OPACへ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000124929

  • ミレニアムの後だと・・・ちょっと・・・

    お手軽じゃないのに
    そう思えてしまって、ゴメン

  • 序盤からヒロインの行動が不愉快だったうえ、信念がぶれぶれで怒りを隠せなかった。
    中〜終盤の展開自体は楽しめて良かった。

    主人公が実は黒幕でしたとかだったらまた一味違った面白さがあったかもな〜とか思ったりしてね。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    ツイートを拡散した1万人、あたしはその全員に鉄槌を下す!ゲーム実況者で大学生の翼は、謎の女性・香織に弱みを握られたことで、恐怖のネット掲示板“魔女狩り板”に戦いを挑むことになってしまい―!?

    【キーワード】
    単行本・インターネット・SNS・ツイッター・ミステリー・犯罪

    +++3+1

  • 今風なお話だなぁ、と。
    本当に今の子たちは危機感なくネットに情報をバラまくから、怖いもの知らずだな、と思う。
    後半なかなか血なまぐさい感じになっていたので、これを読んで若い子たちが少しでも危機感もってもらえたら、と思う。

    きっと見えないところで見えない犯罪がたくさんあるのだろう。
    本当にネットの世界は怖い。

  • ネット上で行われる誹謗中傷。その最たる例として挙げられる「魔女狩り板」に復讐するため、数々のオタクが立ち上がる。

    最初ゲーム実況マニアの翼が、香織に協力を強制される場面が唐突すぎて「何故翼?」と不思議に思っていたんですが、最後まで読んでやっとわかりました。前々から翼の実況、もとい、ウィングの実況が好きだったんですね。

    多分まだ作者は若いんでしょうから、文章として未熟なところはありますし、出刃包丁を持ってきて敵が襲って来た時にやり取りなんて「実際にはそんなくさいセリフ言わないだろう」と失笑したししましたが、まぁまぁ楽しめました。

    最後香織こと本名早織の弟が一万人の個人情報をネットで晒したソースについて謎が残りますが、続いたりしないですよね?

  • 今時のネット事情をタイムリーにぶち込んだ電脳ミステリ。ネットに疎い方は敬遠したほうがいいかも。ネタ的には小説よりもコミックの方が相性良かったでしょうに。

  • ネット掲示板に撒き散らされる悪意に、悪意でもって立ち向かう。因果応報とは言え、血で血を洗う現状は何も変わっていないところを突きつけられながらも、爽やかさの残るラストでした。

  • ゲーム実況者で大学生の翼は、謎の女性・香織に弱みを握られたことで、恐怖のネット掲示板《魔女狩り板》の中でも特に悪質な四人のユーザーの吊し上げに協力させられることになってしまい?

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1989年、神奈川県生まれ。東京大学卒業。神奈川県立湘南高等学校在学中、日本数学オリンピック予選にてAランクを受賞し、本選に出場。『お任せ! 数学屋さん』で第2回ポプラ社小説新人賞を受賞、2013年に作家デビュー。他の著書に『トリプル・ゼロの算数事件簿』(ポプラポケット文庫)『リケイ文芸同盟』(幻冬舎文庫)など多数。

「電脳マジョガリ」狩りのその他の作品

「電脳マジョガリ」狩り Kindle版 「電脳マジョガリ」狩り 向井湘吾

向井湘吾の作品

ツイートする