ちちんぷいぷい

著者 :
  • 中央公論新社
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120048562

作品紹介・あらすじ

もしかして俺たち、もう死んじゃってる?東京の片隅に棲息する50人の独り言。50人の"お化け"が織りなす掌篇小説集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生と死、善と悪、幸福と不幸、その境目―ボーダーライン―にはまりこんでいる。毎日毎日、僕たちは。その違いは、ほんの少しだけ。

  • ゼロックスの販促用雑誌に連載されていたショートショート。独白形式で進む。

  • 息子が生前に撮った写真の場所を巡る父親。昔の殺人の思い出を語る老女優。屋上で書類を燃やし続ける中年サラリーマン……東京の片隅に棲息する50人の独り言。生死の境界を軽々と飛び越える浮遊感が、独特の世界観を醸し出す掌編小説集。

全4件中 1 - 4件を表示

松山巖の作品

ツイートする