• Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120050305

作品紹介・あらすじ

人には食にまつわる温かい記憶がある。12人の著名人の「おいしい記憶」をまとめたエッセイ集。読めば誰かと食事をしたくなる1冊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人は食べたもので出来ている。だから、気持ちのこもった食べ物を食べてきた人は、とても豊かな気持ちで出来ているに違いない。そんなことを思わせる名作集だ。作家さん達のやはり素晴らしい文章も味わい深い。しかし、一般の部の方々の文章はストレートさが突き抜けていてさらにすごい。涙なしには読めない傑作だ。

  • 食にまつわる様々なエッセイ。
    必ずしも「おいしい」事が強く記憶に残るわけではない。
    強烈に忘れられないのは意外と舌そのものの記憶よりも、その背景にあるものの存在が大きいのかもしれない。

    中央公論新社

  • 自分が働いている新聞にも書きましたが、ブクログにも。
    ちなみに、こっちが元の原稿です。
    □□□
    だれにでも、食に関する思い出のひとつやふたつはあるもの。「おいしい記憶」(中央公論新社、1404円)は、作家や著名人ら12人が書き下ろした食にまつわるエッセー12本と、一般を対象に募集したエッセーコンテストの受賞作品10本を収録したアンソロジーだ。
    何と言っても執筆者の顔ぶれが豪華かつ多彩。女優の上戸彩さんや元プロテニス選手の松岡修造さん、演出家の宮本亜門さん、直木賞作家の中島京子さんに姫野カオルコさん……。贅沢な高級料理をバラエティ豊かに詰め込んだデラックス幕の内弁当のようだ。
    岩見沢で講演したこともある札幌在住の作家、森久美子さんは、ハイカラな祖母の作るおにぎりの思い出を語る。祖母が手の熱いのを我慢して作るおにぎりは「かぶりついても崩れない。そして口に入れると、ふわっとご飯がほどけ」たとか。思わず喉が鳴った。
    直木賞作家の山本一力さんは、持ち前の硬派な筆で、冷やしそうめんの思い出をつづる。とびきり陽性で大好きだった異父兄と山の上で食べた冷やしそうめんの記憶は鮮明で、「夏の食べ物なら、なにをおいても『冷やしそうめん』」といわしめるほど人気作家を虜にした。
    少々驚いたのは、漫画家の柴門ふみさんのエッセー。衝撃的なエピソードの後に、おむすびのおいしさが語られるのだが、その落差の大きさに不思議な感覚を味わった。いずれにしろ、食にまつわる記憶がテーマでありながら、人の記憶であるのが面白い。
    かく言う筆者は、母が進取の気象に富む人で、食にまつわる思い出には苦いものが多い。冷蔵庫にあるものを適当にぶち込んで作るジュースを飲んで初めて「絶望」という言葉の本当の意味を知ったし、「ハワイアンカレー」だと嘯いてニンジン、タマネギ、ジャガイモがそのまま入ったカレーライスは悪い冗談としか思えなかった。
    ただ、揚げ物は抜群においしかった。母の名誉のためにも言い添えておく。

  • 食べ物の話は、その人の生活や人柄が伝わるので楽しい。
    巻末の一般の方のエッセイ? 子供の作文も良かった。

  • 平松洋子さん・山本一力さんのエッセイと、読者のエッセイ集がとても良かった。泣いた。

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=334767

  • 山本一力さんと、応募による一般の方々の文章がとっても良かった。ほろりとさせられます。

  • 人には食にまつわる温かい記憶がある。12人の著名人の「おいしい記憶」をまとめたエッセイ集。読めば誰かと食事をしたくなる1冊

  • 596.04

  • 結局美味しい記憶は優しい記憶だな〜。
    と、母や祖母の料理がまた恋しくなった。

全12件中 1 - 10件を表示

上戸彩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おいしい記憶 (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×