共感スイッチ (単行本)

著者 :
  • 中央公論新社
2.86
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 62
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120050671

作品紹介・あらすじ

人気CMディレクターが「伝え方」を公開!友達も上司も恋人も。みんな持ってる「共感スイッチ」を押せば、伝わる! 話せる!時間が無いのに情報があふれた今、相手へ「伝える」ことはとても困難。それでも記憶に残り、好感を生むメッセージは確かに存在します。それが浜崎さんが手がけるCMの数々。3年連続CM好感度1位、au「三太郎」! 家庭教師のトライ「トライさん」! 日野自動車「ヒノノニトン」! なぜ彼のCMは、たった”15秒”で想いを伝えて愛されるのか? そこには共感を生む仕掛け、名付けて「共感スイッチ」が隠されていた! 誰もが知る桃太郎・金太郎・浦島太郎が予想外の行動を起こす意味とは? トントントントン……つい口ずさむリズムに隠された秘密とは? こんな時代だからこそ、「正しい」より「おもしろい」? “日本一人気のCMディレクター”浜崎氏のノウハウを毎日のコミュニケーションへ変換。友達も上司も恋人も、みんな持ってる「共感スイッチ」。見つけて押せば、もっと伝わる! もっと話せる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人気CMディレクターが「伝え方」を公開!友達も上司も恋人も。みんな持ってる「共感スイッチ」を押せば、伝わる! 話せる!

  • au三太郎やヒノノニトンのCMを手がける 浜崎慎治 氏の本。自分は企画職だが、業界違えど結局してることは同じだなと思った。印象に残るために、誰もが知っている領域(例.桃太郎の世界)でズラすべきというのが学びだった。

  • 8種の共感スイッチ。1面白スイッチ:インパクト。2鳥取スイッチ:ベタ。3次男スイッチ:バランス。4国立大スイッチ:共通理解。5教室スイッチ:記号。6朝ドラスイッチ:反復。7父親スイッチ:信頼。8自分スイッチ:軸。~「制限」があるのを前提に伝えよう!・「正直」の先でしか伝わらない!・「長く」記憶に残る方法も考えよう!・みんな「共感スイッチ」を持っている(だからそれを探そう!)【おもしろ】おもしろいものほど「インパクト」が生まれる・「笑い」は印象に残った証拠!・「おもしろスイッチ」を意識して探せ!・「おもしろい」は疑ってかかれ!・「おもしろい」には価値がある!・「引っかかり」を意識して作る!・その場で生まれる「おもしろい」が最強!・予想外の「おもしろい」を意図的に作る!【鳥取】会話は「ベタ」から初めよ・「全員わかる」を起点に!・味方に伝わらないなら誰にも伝わらない!・常に狙うは〝ど真ん中〟!・反則技の届く範囲はかなり限定的!【次男】人間関係は「バランス」の上で成立する・常に「バランス」を念頭に!・まずは「自分」をチューニング!・想定外のところにまで伝わる可能性を意識する!・繊細なコミュニケーションは「会って」すべし!・「NG」からボーダーを探れ!【国立大】「共通理解」で誰とでも仲良く・とりあえず「やってみよう」!・「知っている」ものは強い!・コミュニケーションに「ショートカット」はない!【教室】たくさんの説明よりひとつの「記号」・子どもが口ずさんでしまうくらいの強い「記号」を探せ!・関心を示してもらうことが、最初の一歩!・「最初」と「最後」に最大限の注意!【朝ドラ】「反復」で好かれる、愛される・「愛着」の後で「好き」になる!・人は見た目が9割(を裏切れ!)・「理解」があっての「愛着」!・「長短」を意識して会話を組み立てる!・人はそこにいるだけで「おもしろい」!【父親】「信頼」があれば大体まとまる・父親のような「信頼感」があっての「意思表示」!・時にとぼけるのも必要!・摩擦はなるべく「最初」に起こせ!【自分】「軸」がズレてはいないか?・予想できる「後悔」なら避ける!・だから「おもしろい」が一番!・「考える」ことを忘れずに!・「じゃんけん強い」と言える人になろう!~1976年生まれのCMディレクターの彼の実家は鳥取にあるんだって。醤油屋の次男に生まれて妹もいる。埼玉大の建築出身。愚直さ。とぼけるのも立派なコミュニケーション。優秀な人ほど物腰が柔らかい。いや勉強になりました!

  • 人気のCMを連発しているディレクターが、「共感」を生み出す秘訣を8つのスイッチに分類して大公開!

    SNSやWebに情報が溢れ、伝える/伝わる時間が細切れになったこのご時世に、どのように「共感」を勝ち取っていくのか。

    ちょっとした違和感を仕込んでインパクトを与える、
    あえてベタにもっていく、
    反復でジワジワと好きになってもらう、
    など実例を交えた解説は読みやすくて分かりやすい。

    中でも筆者の1番の主張は
    最初に生まれる「おもしろい」という感覚を失ってはいけない、
    評価は気にせず「おもしろそう」という予感の赴く先に従ってみること、その方が後悔しない、
    という部分だと読みました。

    結局そこか!と思うと同時に、勇気をもらったり。

    ただ、鳥取スイッチや教室スイッチなど、スイッチの名前はピンと来なくて、イマイチ「共感」できませんでした笑

  • 広告系の人の本はやっぱり右脳といいますか、直感的な内容の本が多く、読み物としてはオモシロイのですが、自分の仕事にすごく役立つかというとそうでもないと毎回思ってしまいます。とはいえ前述のように「読み物として~」の部分でついつい読んでしまいます。

  • たった15秒で言いたいことを伝えなくてはいけないCM。

    そんなCMで重要なのは「共感スイッチ」

    auの三太郎シリーズや家庭教師のトライさんなど人気CMを手掛けた著者だからこその共感を得るヒントはなるほどです。

    大事なのはこれひとつ!というものではなく多種多様な共感スイッチを用意しておくことなんでしょうね。

  • auの三太郎や、ヒノノニトンのCMディレクタが書く、人々に共感を得るためのポイント集。CMの作り方ばかりではなく、人から共感を得るための打ち合わせとか、プレゼンとか、デートの誘いにも使えそう。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1976年鳥取県生まれ、2002年TYO入社、13年よりフリーランス。手がけたCMにau/KDDI「三太郎」、日野自動車「ヒノノニトン」、家庭教師のトライ「教えてトライさん」トヨタ自動「TOYOTOWN」、トクホン「ハリコレ」など。ACCグランプリ、ACCベストディレクター賞、広告電通賞優秀賞、ギャラクシー賞CM部門大賞など受賞多数。これまでに100作以上手がけた「三太郎シリーズ」はCM好感度、CM演出部門でいずれも3年連続1位(CM総合研究所調べ。2015-2017年度)。

「2018年 『共感スイッチ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

共感スイッチ (単行本)のその他の作品

共感スイッチ Kindle版 共感スイッチ 浜崎慎治
ツイートする