作家たちの愚かしくも愛すべき中国 - なぜ、彼らは世界に発信するのか? (単行本)

  • 中央公論新社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120050930

作品紹介・あらすじ

本書は、中国語で創作する作家として初めてノーベル賞を受賞した高行健の文学、莫言に続く次のノーベル賞に最も近いと言われる余華、閻連科の文学を中心に、世界的に高く評価されている中国文学の魅力を伝えるものである。三氏はそれぞれ著作の過激さから国内で発禁もしくは批判された過去があるが、今回三氏の代表的なエッセイや日本での講演、大江健三郎氏など著名作家との対談を日本の読者向けに構成し、中国文学の愉しみを伝え、激動の現代史と中国社会のリアルを知る書である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ノーベル文学賞受賞者の高行健とノーベル文学賞に近しい作家へのインタビュー。いずれも面白かったが、莫言や中国を代表する作家である賈平凹らのインタビューも欲しかったところ。ただこの本で紹介された作家の小説の認知度がもっと上がることを望む。ただこの本を購入した人は、既にこれらの作家の事を知っているだろうし、この本を購入しない人は、
    ずっとこれらの作家の事に気付かないか。

  • 現代中国の壮絶なる「受難劇」。現実を活写し、人びとの絶望をつつみ込む文学者の声。高行健×大江健三郎、ノーベル賞作家対談を収録

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1954年生まれ。中央大学文学部教授。訳書に、余華『活きる』『死者たちの七日間』、高行健『霊山』『ある男の聖書』、蘇童『河・岸』、畢飛宇『ブラインド・マッサージ』など。

「2021年 『心経』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯塚容の作品

ツイートする
×