神と金と革命がつくった世界史-キリスト教と共産主義の危険な関係 (単行本)

著者 :
  • 中央公論新社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120051142

作品紹介・あらすじ

偶像崇拝なくして歴史はつくられなかった。「普遍」を標榜する神と金と革命思想は、理想を追求する過程で偶像化され共闘や排斥を繰り返す。壮大な歴史から3すくみのメカニズムを解明する

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「普遍」を標榜する神と金と革命思想は理想を追求する過程で共闘と排斥を繰り返した。壮大な歴史から3すくみのメカニズムを解明する

  • 世界史もこのような見方ができるのかというお手本のような本。こういった本がどんどん出てくるようだと、面白くてたまらない。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

比較文化史家・バロック音楽奏者。東京大学大学院比較文学比較文化修士課程修了。同博士課程、パリ大学比較文学博士課程を経て、高等研究所でカトリック史、エゾテリズム史を修める。フランス在住。著書に『ヨーロッパの死者の書』『キリスト教の真実』『女のキリスト教史』(以上、ちくま新書)、『ジャンヌ・ダルク』(講談社学術文庫)、『ローマ法王』(角川ソフィア文庫)他多数。著者のホームページhttp://www.setukotakeshita.com/

「2021年 『疫病の精神史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹下節子の作品

ツイートする
×