死にがいを求めて生きているの

著者 :
  • 中央公論新社
3.82
  • (63)
  • (90)
  • (69)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 1502
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120051715

作品紹介・あらすじ

誰とも比べなくていい。
そう囁かれたはずの世界は
こんなにも苦しい――

「お前は、価値のある人間なの?」

朝井リョウが放つ、〝平成〟を生きる若者たちが背負った自滅と祈りの物語


植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。
二人の間に横たわる〝歪な真実〟とは?
毎日の繰り返しに倦んだ看護士、クラスで浮かないよう立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生、時代に取り残された中年ディレクター。
交わるはずのない点と点が、智也と雄介をなぞる線になるとき、目隠しをされた〝平成〟という時代の闇が露わになる。

今を生きる人すべてが向き合わざるを得ない、自滅と祈りの物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだまだ頭の中をぐるぐるして、結局、わたしは最後まで読んでも「生きがい」と「死にがい」の違いがよくわからなかった。弓削後編のラストを読んだ日、なんだかいろいろなことを考えて、眠れなくなった。朝井リョウの作品に触れるのは、「桐島~」を読んで以来、映画で「何者」を見て以来です。
    雄介を中心として描かれる連作短編。最初と最後で、雄介の印象がガラっと変わります。

    ずっと苦手意識のあった作家さんでした。「桐島~」で最後まで物語の中心となる桐島が出てこなかったように、今回の作品でも、中心となる雄介が主人公となることはない。なんというか、朝井リョウは、こういう、雄介のような人物を描くのが、巧い。わたしが苦手意識をもっていたのは、これだ。常に、雄介のような目線でいる感じ。朝井リョウの作品はどこか、他を受け入れないような、そんな空気を感じてた。たとえば、学校で言うと、一人の先生(つまりは作者である朝井リョウ)がクラスの大部分のメンバーを引っ張っている感じで、そこにはついてゆけないメンバーが置いてかれてる、そんな感覚。けれどそれは、朝井リョウが描く、雄介的存在によって構成された、彼の描き方なわけであって、決して朝井リョウが雄介ではないのだけれど、どうしても雄介的存在が強すぎて、物語全体に空気として漂ってしまって、錯覚を起こす。

    亜矢奈の章あたりから、読んでいたら動悸が止まらなくなって、かといって読むことも止められず、むしろペースは上がる一方だった。この動悸はどこからくるのかな、て。それは、雄介の存在によって、どこか自分の大学時代、いや、学生時代そのものをせせら笑われているような、そんな気分にさせられたからだ。心の中を無遠慮に覗かれてるような、過去をほじくって、ぐじゅぐじゅにされているような感覚。帯で梶さんが「裸」と表現しているのはまさにこういう感覚だろう。

    生きるとは、なんだ。その答えのない問いを、みんな生きながら必死に考えてる。目的がないと生きられない人。自分の行動一つ一つに意味がないと生きられない人。人のために生きているようでいて、実は自分のために生きている人。そう、生きることに「原動力」がないと生きられないということ。この作品の時代「平成」という時代は、戦争がない、その点においては平和な時代だった。だから、無駄に考える時間が多くなった。ただ「生きている」ということに疑問を持つようになった。
    どこかで思う。自分にやりたいことがあってよかった、と。さらに言えばそれが社会貢献的であることに、安心した。これでわたしも生きてていいんだ、そう思えた。挫折を味わった時の、自分にはもう何もない、目標がなくなった、じゃあなんのために生きればいい、生きていることに何の意味もない、という焦り。生きていたいのに、生きている意味がない、というこの絶望。それをなんとか抜け出しても、その先にはまた別の辛さが待っていて、そしたら最近は、なるようになるかな、とか、楽しく生きようかな、とか、そんな風に考えられるようになって。とはいえ、それもきっと「生きる意味」とやらに向き合ったからこそたどり着いた自分の答えなのかもしれない。それはまさしく雄介の言う「それ言うの、生きる意味見つけてる奴らばっかなんだよな」に該当するのであって、自分が社会貢献的なことを仕事にしているからこそたどり着けた答えのような気もしてる。挫折を味わったとはいえ、やりたいことは変わらなかった。結局、誰かに、社会に、必要とされてないと、生きていてはいけない気がしてる。もし、自分に、この「やりたいこと」がなかったら。「やりたいこと」が、誰かのためになっていなかったら。この時代を、この人生を、わたしはどう生きているだろう。雄介のように、次々とターゲットを変えて、生きる意味を求めて、生きているのではないか。朝井リョウの作品は、こうして、苦手な雄介的存在と、同類と思わされるから、怖いんだ。動悸が止まらないんだ。

    それと。男だとか女だとか、社会的な性の役割に縛られている人たちは結構な数いて。作品の中にも出てくるけれど、女性は仕事をしなくても専業主婦って言えるのに、男性はヒモって言われてしまう。これまで、女性がジェンダーを訴える作品にはたくさん触れてきたけれど、男性作家が、男性の登場人物を通して描いているのは、すごく新鮮だ。「平成」という時代がクローズアップされた本作品は、社会の価値観が大きく変わっていく中を、必死にもがいて生きる姿が描かれている。けれど、結局いくら学校が競うことをやめさせたって、お遊戯会に主人公がたくさんいたって、人は人と比べる。
    この作品は、そのしんどさを認めた上で、それでも自分で自分を認めながら、人の数だけ存在する価値観を受け容れる、そんな時代であれ、と、祈っている。過渡期だった平成から、令和へ。

    もののけ姫が、観たくなりました。

  • 初、朝井リョウ。物心ついた頃からゲームやSNSがあって、ゆとり教育やら同調圧力があるのを当たり前の社会だと思って生きてきた世代の、それでも対立と和解をどう解決して行くのか、探って行く物語。のように思えた。納得できなかった。以下、なぜかを述べる。

    「俺は、死ぬまでの時間に役割が欲しいだけなんだよ。死ぬまでの時間を、生きていい時間にしたいだけなんだ。自分のためにも誰かのためにもやりたいことなんてないんだから、その時々で立ち向かう相手を捏造し続けるしかない」(398p)

    「自分のためにも誰かのためにもやりたいことなんてない」なんて、平成生まれのこの子は、どうしてそんな風に自分のことを思ってしまうんだろう。どうして、いつも誰かにどう見られるかが、何かの基準になるのだろう?こんなに若いのに、何を焦っているんだろう?丁寧にその心理を幼少の頃から辿っているはずなのに、やはり私にはピンとこない。

    組み体操のピラミッド存続問題やRAVERSや大学寮存続問題、無人島仙人問題など、現実にあった問題からモチーフを「強引に」自分のテーマに引き入れる書き方は、感心しなかった。揶揄はしていないが、あの事柄をある程度知っている人にとっては、揶揄されていると怒るかもしれないような書き方もあった。安藤くんじゃないけど、この作者に対しても「こうやって喋って満足するだけのおままごとはもう、終わり」にしよう、と言いたくなる書き方もあった。朝井リョウは何を焦っているんだろう? 自分に求められている「役割」を過剰に意識し過ぎているんじゃないか?こんな風にホントにあったことをなぞるならば、表層だけを見るんじゃなくて、「核」の部分を描いて欲しい。その表現、作者は、その部分で1番もがいているのかもしれない。そこは伝わってくる。でも、まだ足りない。決定的に何かが足りない。人気作家だけど、こんな感じならば、認めるわけにはいかない。

    • 本ぶらさん
      本を読んでないのであくまで想像ですけど、情報、それも商品やサービス(小説や映画といったコンテンツを含む)を売る側からの「隣の芝生はこんなにも...
      本を読んでないのであくまで想像ですけど、情報、それも商品やサービス(小説や映画といったコンテンツを含む)を売る側からの「隣の芝生はこんなにも青い」的な情報に追いかけまわされちゃってるようなところがあるんじゃないでしょうか? さらに大人になったらなったで、大人としての楽しみや、子供(学生)にはない楽さ加減みたいなものってあると思うんですけど、それが見えないこと。 さらに、就活の大変さやキラキラした職業にはなかなか就けないという現実。それらが10代後半こそが人生においての最上の時(もちろんある意味最上の時だとは思いますけど)のような幻想を生んでしまって、大人になるまでに、世の情報にあふれている「青い芝生」を手に入れなきゃ人生終りみたいな、一種の強迫観念が「焦り」を生んでいるのかなーなんて思いましたw ただ、それは今の時代に限ったことではなく、90年代80年代、それ以前も多かれ少なかれ同じだったように思うんですけどねー。 今は、なんていうか思いやりが商品や情報になっちゃった時代で、それゆえこういうような、「わかってるよ」的な、あるいは代弁的な内容の本(読んでないのになんですけど)が「商品」として出てくるのかなーなんてw
      2019/08/12
  • いやあ面白かった。伊坂幸太郎のシーソーモンスターを読んだ後だったので、尚更面白かった。平成の若者を描かせたらこの作者に敵うヒトはいないのでは。読んでいて感情移入してしまい本当に辛くなる描写も、螺旋プロジェクトに絡めたラストの畳み掛ける独白も素晴らしかった。

  • 螺旋プロジェクト
    なんていうのか、朝井りょうの小説はやっとできたかさぶたを、カリカリとはがす時の気持ちに似ている。また血が出てくるのに、痛くなるのはわかっているのに、それでもはがさずにいられない時の気持ちに似ている。
    自虐というのか、自罰というのか、自分を痛めつけずにはいられない気持ちを刺激してくる。
    そして、読み始めたときに感じていた風景と、読んでいる途中と、読み終わった後と、自分の見ているものの変質を意識させられる。
    「がらりと一転」ではなく「一気に世界が反転」でもなく、だけど世界は変わっているのである。いや、世界は変わっていない、それを見ている自分の目が変わっているのである。
    若者が「いきがい」を渇望する。よくあることだ。何かのために、誰かのために、一生懸命になる。すばらしいじゃないか。
    すばらしい?本当に?
    あたりまえのようにある若者の特権だと思っていた「生きがい」が、若者の首をしめ、生きることへの苦痛となり、あるいみ狂気じみてくる、その「生きがい」の正体に、私たち大人はそろそろ気付くべきなのかも。あぁ、これは若者だけの特権じゃない。大人も同じ道を強迫的に歩かされているのかも。誰に?そう、自分に。

  • うまく言えないなぁ、何なのだろうかこの感覚は。
    自分たちが望む望まないに関わらず競争しない教育をうけてきた
    平成の若者の「生きにくさ」がこれでもか!と投げられてくる。
    もうちょっと楽にしていいよと言いたくなる私。

    両手に溢れる情報のどれを捨てるか、
    という取捨選択に
    どれも捨てられなくて迫られている感じもする。
    望む望まないに関わらず彼らは「生きがい」も「死にがい」も
    すでに持っているのかもしれない。

    しんどいなぁ、つらいなぁと思いながらグイグイ読まされた。

    「小説BOC」創刊を記念して始まった「螺旋プロジェクト」の作品のひとつらしい。
    そういえば、読友さんたちが
    創刊したときにこぞって読んでいたのを思い出した。
    そうか、これかぁ。
    1 歴史を超えて、「海」族と「 山」族の対立が繰り返される
    2 各作品に共通するキャラクターが登場する
    3 年代を超えた仕掛けがある
    4 最終的に、8作品が世界観を共有して壮大な歴史絵巻を織り上げる
    という壮大なものらしい。
    多分、全部は読まないけれど。

    「海」族と「 山」族という縛りのもと、うまく書くなぁと思った。
    でも、できればそんな縛りなしで読みたかったかも。

  •  朝井リョウの最新作(2019年3月)。
     本に挟まれていたチラシを見てビックリ。この本は,「螺旋プロジェクト」というものの一環(一巻)らしい。こんなことされると,他の人の作品も呼んでみたくなっちゃうじゃないか…。
     さて,本書は,堀北雄介と南水智也の不思議な友達関係を通して「生きがいとは何か」「自分らしさとは何か」などということについて考えてしまう内容となっている。二人のまわりに登場する人たちも,その「生きがい」に振り舞わされている用に見える。そして,ついに「読者のあなたはどうなのだ」と突きつけられる気分になってしまった。最後の最後まで「生きがい」を求めざるを得ない人間の性を感じた。
     当然,朝井リョウらしく,さまざまな登場人物が,いつの間にかつながっていく。時間軸も交錯するし…いやー,おもしろいおもしろい。 

  • 人がどこにどんな生きがいを持つのかは、自由でそれぞれ違うはず。SNSで他人の生活が可視化され、承認欲求がより強固になった人も多くいるだろう。
    生き方の選択肢が広がって、分かりやすい生きがいは古い時代のものになった。それで苦しむ人もいるが、一方で楽に自由になった人も多い。

    本作はただの小説じゃない。一緒に悩んだり考えたりできる物語。鋭い言葉も投げつけられる。まっすぐに受け止めて咀嚼することで、良い体験が出来る本です。

  • 平成後半の時代感、空気感。
    承認欲求と生きがい(=死にがい)。

    構成と表現力に引き込まれました。

    『平成くんさようなら』は、本も書く人が書いたもので、こっちは本を書く人が書いたものという感じでした!

  • 再読したい。
    それぞれの苦しみ、価値観の違い。作者がどうしてこの作品を書いたのか知りたいです。言葉にできないけど、わかる、心が動かされる、本当に感心します。

    雄介が、本当はどんな人間なのか?という疑問を持ち続けながら読むことになります。絶望にも希望にも思える展開は、やはり再読して考えたいなと、、、。

    他人からも、自分の中でも、人は自身を見つめ続けるものなんだと思いました。自分自身でもわからない自分に出会うし、他人から見える自分に真実のようなものがある時もある。この世界にわからないまま、放り出されて生きることは、誰もが同じという事は変えられない事実。

    当たり前の事って、人によって全然違う。苦しみも違う。違いを認めて、個々を大事にしようという、美しい言葉の奥にある闇を描いていると思います。

  • 余談から入りますが、なるほどなと思ったもので。タイトルの一部分である「死にがい」。近くの図書館で話を聞くと、「死にがいを求めて」という言葉に反応して読みたいという高齢者がわりといるそうで。内容的には若者主体だが、若者は「生きがい」を追い求め、高齢者は「死にがい」を求める。どんな年齢になっても「生きる意味」とは答えのない永遠のテーマなのだなと思った。
    生きている上でどこかで悩む自分の存在意義、生きる意味とは。皆が注目する肩書きがほしい生き方をする雄介とそれを見ている智也。そして周囲の人たち。色々な視点から生きがいを模索している。それを騒ぐことなく冷静に淡々と作者らしい表現で訴えかけている感じがした。今の時代の若者ってたくさんの情報にさらされて、自分を見失いそうになったり、見つけたり、踊らされたり、共感したりと選択肢の多さに余計に悩んで迷子になりそうで大変だよなぁと思う。螺旋企画である海山伝説はあまりピンとこなかったけど、対立する軸としては必要だったのかな。

全110件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

死にがいを求めて生きているののその他の作品

朝井リョウの作品

死にがいを求めて生きているのを本棚に登録しているひと

ツイートする