服を作る 増補新版-モードを超えて (単行本)

著者 :
制作 : 宮智 泉 
  • 中央公論新社
4.11
  • (11)
  • (11)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 212
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120051968

作品紹介・あらすじ

ファッションというのは物書きでさえ書けない、言葉にできないものを形にする最先端の表現だと思っています。だからどんなに知性があってもファッションをばかにしている人は信用できない。たとえ評論家や建築家であってもです。着ている服でその人が本物かどうかわかります。――本書より

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山本耀司 のインタビューをさらっとまとめたもの。

    幼少期からの生い立ち。
    父親が戦死し、母親が洋品店をしながら育ててくれる。
    慶応大学に入り、普通の就職をしたくないと、洋服を作る道に入る。そして、パリコレで成功するまで。
    人生として面白い。

    語り口がわかるような、きさくに答えてくれているような雰囲気。

    ゆるがない芯があるはずだけど、それを押し付けようとする感じでもないのが、さらりとしていてかっこいい。

    実際会ったら怖いんだろうなとも思うけど。この本では、自分も言っているように非常に優しい。

    ファッションショーの音楽を自作で作っているのをテレビで見て、正直不思議に思っていたけど(正直昔の日本のフォークっぽくファッショナブルではなかったので)、この本を読んで、山本耀司が唯一ストレスや抑圧から解放される行為が音楽なのだなと思い、納得した。

    この歳になっても第一線というのがやはりすごい。

  • 山本耀司の半生がわかる本。ファストファッションは低俗なテレビ番組と一緒で、そのとき楽しいだけならいいんじゃない的な言葉が印象的だった。あとお母さん大好きなところとか意外だった。ダーツをななめにいれるってどんなだろ?このひとのブランドの服着たことないけど着てみたくなった。

  • ヨウジヤマモトの凄さを知れた。
    生い立ちやら、服を作るまでの経緯、哲学的なことまで淡々と書いてあった。かっこいい

  • 生い立ちからデザイナーになる経緯、考え方や最近の状況まで、結構な長い年月を、淡々と、だが率直に書かれている。一時期この人の服を着ていたことがあるが、どうしてこういう服になるのか、少しわかった気がする。最近再びこの人の服に興味があるのだが、本を読んで買ってみようかなという気持ちは強くなった。社会人の暗黙のドレスコードは昔より緩くなったし、着る機会も以前より多くなりそうだし。
    着る服は自分がデザインした服ばかりか?の質問に、最近は父の日に娘が買ってくれた、コム・デ・ギャルソンのパンツが気に入ってはいていると答えていた。ここは声を出して笑ってしまった。

  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/726034

  • ヨウジは女性服から始まった。
    母へのコンプレックス。

    去り際の美学。

    間のデザイン。
    空気、風、残像。

    怒る対象がない時代に何をエネルギーにするのか。

  • ヨウジヤマモトを知りたくて読んでみた
    ネットで継ぎ接ぎ情報を見聞きするより、まとまった本として読む方が良いなと改めて実感
    著者にとって女性がどういった存在なのか、なぜレディースからスタートしたのか、よく分かった気がする
    本人はポケットに荷物をすべて入れているらしいというのが印象的だった

  • 命に代えてそれを作りたいか。

  • インタビューの内容は過去のドキュメンタリーや書籍から知ることができるものが多かったが、単純に好きなので楽しく読めた。写真がもっと多いと尚良いのだけど難しいのかな。

  •  そもそもインタビュー記事とか、こんなことを考えて活動している、という話が好きなので、大変面白く読めた。
     じゃあなぜ3なのか、と言うと特に感銘を受けたりしなかったので。へぇ、という感じで。あとは読み応えがないので、本として読むと凡庸な面白さかなって感じ。人によってはバイブルにもなり得るだろうけど。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1943 年、東京都生まれ。1972 年、株式会社ワイズ(Y’s)設立。1977 年、東京コレクションにデビュー。北野武の映画作品『BROTHER』、『Dolls』等の衣装を手がける。2004 年、紫綬褒章受章。2011 年、フランスより芸術文化勲章「コマンドゥール」を叙勲される。

「2019年 『服を作る 増補新版 モードを超えて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本耀司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ヴィクトール・E...
田中正人
スペンサー ジョ...
徳井淑子
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×