ある作家の夕刻-フィッツジェラルド後期作品集 (単行本)

制作 : 村上 春樹 
  • 中央公論新社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120051999

作品紹介・あらすじ

〈楽園の向こう側〉に一人の小説家が見たものは。





早すぎる栄光から一転、三十代にして翳りの時代を迎えた作家の葛藤と、困窮のなかでも失われることのない確かな輝き。





四十四歳にして死を迎えることになるフィッツジェラルドの
晩年十年間に書かれた短篇とエッセイの名品をセレクト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【書評】『ある作家の夕刻 フィッツジェラルド後期作品集』スコット・フィッツジェラルド著、村上春樹編訳 抗えない晩年への危機感 - 産経ニュース
    https://www.sankei.com/smp/life/news/190707/lif1907070014-s1.html

    中央公論新社のPR
    三十代にして迎えた不遇の時代。困窮のなかにあって、その筆致は揺るぎなく美しい。早すぎる死までの十年間に書かれた多彩な短篇とエッセイをセレクト。一九三〇年代の名品群。
    http://www.chuko.co.jp/tanko/2019/06/005199.html

  • 若くして迎えた不遇の時代。困窮のなかで、その筆致は揺るぎなく美しい。早すぎる死までの十年間の多彩な短篇とエッセイをセレクト。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

スコット・フィッツジェラルド

1896~1940  1920年、処女長篇『楽園のこちら側』がベストセラーとなり、妻のゼルダと共に時代の寵児ともてはやされるが、華やかな社交と奔放な生活の果てにアルコールに溺れ、失意のうちに死去。『グレート・ギャツビー』『夜はやさし』等長篇数作と数多くの短篇を残した。

「2019年 『ある作家の夕刻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スコット・フィッツジェラルドの作品

ある作家の夕刻-フィッツジェラルド後期作品集 (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする