クラゲ・アイランドの夜明け (単行本)

著者 :
  • 中央公論新社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 61
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120053665

作品紹介・あらすじ

クラゲが好きだったあの子は、どうして死んだんだろう?



殺人、傷害、交通事故、違法薬物、違法労働、虐待、自殺者がゼロの海上コロニー――通称《楽園》。

その七つのゼロをはじめて「自殺」で破った少女・ミサキ。

彼女の死に疑問を抱いた僕は、彼女の行動を探りはじめる。そこには、七日前に現れた新種のクラゲが関係していた?



気鋭作家・渡辺優の描く、新世界。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 地球温暖化など様々なリスクを回避するため、プロジェクトとして岩手県沿岸の海上にコロニーという名の町を作った。通称「楽園」。発足して7年。殺人や傷害など7つの項目で件数はゼロ状態だった。しかし、ナツオの友人・ミサキが自分の目の前で海に自ら飛び込んだ。でも楽園を管理するセントラルは、これを否定し、事故死として処理された。何故?
    ナツオは死の真相を探るため、彼女の生前の行動を調査することに。次々と分かってくる空白の時間。そこにはクラゲがキーワードとなって明らかになっていきます。
    一方、楽園では新種のクラゲが発生。毒で人を殺すという。ジワジワと楽園に襲いかかってくるクラゲや悪天候。
    「楽園」としての理想が段々と剥がれていきます。

    海上に「町」ができるという近未来的な話でしたが、現実の未来でもありそうな話で面白かったです。「楽園」としての理想と現実や本土との格差、二つの陸と海で見えてくるメリット・デメリット。同じ日本なのに住む所が違うことで生まれる比較に人間の欲望や嫉妬などが渦巻いていて、共存することの難しさを感じました。
    また、人間が手を施すことで自然界のバランスが崩れていく現実に考えさせる場面がありました。

    この作品のキーワードとなっているクラゲ。クラゲの描写が時に美しく、時に残酷に、時に幻想的に描かれていて、クラゲの様々な一面を味わえました。
    登場人物に着目すると、主人公のナツオは最初は辿々しかった雰囲気だったのに終わる時には、芯のしっかりした青年に成長していくので、心の変化も楽しめました。

    一応、ミサキの死の真相は分かったのですが、それ以外の「楽園」の今後の事などがわからないまま終わったので、モヤモヤ感満載でした。「え?ここで終わり?」とつい思ってしまいました。果たしてプロジェクトは継続するのか?ついつい続きが気になってしまいました。

  • 近い将来こんな事件も起きる可能性もあるかも、遺伝子変換によって予想もつかない事が起こる可能性もある。物語としては何とも消化不良だった。

  • 書店でたまたま見かけ、序盤を読み世界観に惹かれたので購入。
    「楽園」などの舞台装置の設定は緻密で良かったのですが、終盤の展開が自分には突拍子もなく感じてしまいました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1987年宮城県生まれ。宮城学院女子大学卒。2015年に『ラメルノエリキサ』で第28回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『自由なサメと人間たちの夢』『地下にうごめく星』がある。

「2021年 『きみがいた世界は完璧でした、が』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺優の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×