老いの上機嫌-90代! 笑う門には福来る (単行本)

著者 :
  • 中央公論新社
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120057335

作品紹介・あらすじ

ヒグチさん(91歳)が愉快な日常を実況中継! ふわっところんで顔面5色事件、まさかのがん治療、役立つ食卓メモ術、お転婆少女時代の思い出……。ヨタヘロ期をご機嫌に生きるヒントがつまった痛快エッセイ。≪黒井千次氏との同級生対談収録≫==ベストセラー『老いの福袋』の著者、待望の最新作==

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今日が1番若いと、同じ思いでいる人生の先輩。

  • ヒグチさん(91)が愉快な日常を実況中継!転んで顔面5色事件、まさかのがん治療、食卓メモ術…老いをご機嫌に変える痛快エッセイ

  • 少し前に佐藤愛子さんの著書である思い出の屑篭を読み次に樋口恵子さんの著書老いの上機嫌に巡り合った。本書も楽しく拝読させていただいた。著者は素晴らしい人生を過ごしている。91歳になってますますプラス思考で元気にビスケットで過ごして次の作品を、小生も今年は86歳になる。読書を今も続けている。ウッドンコまでも❗️

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

評論家(2023年1月現在)

「2023年 『しあわせの高齢者学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樋口恵子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×