山の上の家事学校 (単行本)

著者 :
  • 中央公論新社
3.83
  • (47)
  • (101)
  • (78)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1339
感想 : 93
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120057649

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妻に離婚され、荒んだ生活を送っていた幸彦は、妹に勧められ、男性が対象の生活のための家事学校に行く。
    別れたとは言え、娘にはいつまでも若々しい父親でいたいと思ったのが理由だった。
    そこではさまざまな事情を抱える男たちがいて…。


    家事をやることに男も女も性別など関係ない。
    生きている限り、生活は続いていくのだからしなければならないこと。

    家事とは、やらなければ生活の質が下がったり、健康状態や社会生活に少しずつ問題が出たりするのに楽な仕事ではない。
    それなのに軽視される仕事ではある。

    自分で家事をすることで気づくことは、たくさんあるだろう。
    まさにこの幸彦はそうだったはず…

    男性に限らず、女性にしても完璧に家事をこなせるとは限らないのだからこのような家事学校があれば良いと思った。
    けっして無理強いするわけではないが、自ら行きたいと思ったとき行けばいいと。


    私自身、家事が好きなわけでもなく、子どもがいたからそれなりに…という感じである。
    今、子育てを離れ夫婦2人になれば適当になった。
    出来合いのもので済ますこともあるし、掃除も気がつけばする程度だ。
    けっして無理しない。
    完璧でないけれど生きている限り続くのだから折り合いをつけていくしかないと。





  • 近藤史恵さんと言えば、ビストロやカフェが舞台だったり、犬や旅を題材にしたコージーミステリーを多く読んできたが、本書は少し毛色が異なり、男性を対象とした家事学校が舞台。ミステリー要素もない。場所は大阪の、バスが30分に1本の渓流や果樹園に囲まれた山の上。コンビニも徒歩圏内にあるようなので、適度に人里離れた山の上にある学校ということで、学生の頃にあった林間学校などの宿泊施設が思い出された。主人公は妻から離婚を切り出され独り身となった40代前半の男性。妹から学校を紹介され受講してみることに。授業の内容は調理や洗濯、掃除など家事の基本で、泊まりがけでも通いでも受講可。

    日頃生活の一部となり、立ち止まって考えることのない家事についてとことん考えさせられた。親や保護者のいる子供やよっぽど裕福でメイドなどを雇える人以外、全ての人の生活に欠かせない家事。掃除、洗濯、料理…いずれも少し怠るとあっという間に生活が荒んでいく。家族や同居人のいる人、単身者など人によりその内容や負担も異なるが、本書を読み、改めて家事の大切さを知った。仕事や育児などに追われると、家事まで丁寧にやっている余裕はなくなり、誰かが多く負担することになってもそれが日常化すると感謝の気持ちすら持たなくなる。主人公がその点を大きく後悔しているので何度も家事をする人への感謝の気持ちを持つ大切さを実感させられた。印象的だったのが、(単身でもそうでなくても)家事は自分のためにするもの、という点だった。主人公も学校で家事を学ぶうち、徐々に考え方が前向きに変化し周囲との関係性も改善していっており、やはり家事は人生に直結するもので、たまにでも良いから、意識してやるようにしようとつくづく思った。

  • 男性向けの家事学校の物語。
    こんな学校が実在していたら、夫を入学させたいと思う人は多いのでは?
    かなり女性よりの考えではあるけど、こんな風に家事をする男性が増えたら、円満な家庭が増えるだろうなぁ。
    授業の内容は料理や洗濯はもちろんのこと、髪の結び方なんてものまであって面白そう。
    お料理の豆知識も参考になるものがあったりして、私も通いたい!と思った。

  • この本に、もう少し早くに出会えたら良かったと思った。
    家事は誰がやるものではなく、生きていくために必要不可欠なものであるという前提の中でどのように担っていくのか。
    やってもらって当たり前ではない。行為に対してしっかりと感謝することが大切だ!

  • 山之上家事学校、いいですね!
    男女うんぬん関係なく、家事はできるに越したことはないですよね。
    精神的にも衛生的にも、健やかな生活を送るには欠かせないスキル。
    目新しいからかもしれないけれど、学ぶことで楽しめるなら、最高ですよね。
    家事ができるようになることで、マウントを取るな!という忠告もよかったな。

  • ブクログの新刊ニュースで出てきた本。”家事ができる人もできない人も、すべての人に読んでほしい”?

    離婚した主人公が妹に教えてもらった家事学校に入校する話。
    いろんな人がいたけれど、どれもあるあるだと思った。怒り出す人、家事は家族がやるものと思っている人。家事学校ではいい人なのに家に帰ってからの評価がまるで違うあの人の話はびっくりした。と同時に、それもありそうだと思った。

    家事、自分も決して得意ではないので、家事をこなす母のことは歳を取るごとに尊敬する。

  • 主人公が、不器用ながら生活をするということの価値を見出していく姿応援したくなりました。話の中に出てくる初心者向けの料理や調理の雑学も知ってるようで知らないこともあり、勉強になりました。
    家事をする側と甘えてる側。現在、やる側になってる人だって、実家にいるときは甘えている側だったはず。その頃の甘ったれた自分を常に律しながら、やる側に回り踏ん張っている人からすると大人になっても甘えてる人には腹が立つんだろうと思う。子供が居たら、なおさらだよね。負担は2倍ではなく4倍ぐらいじゃなかろうか。
    自分の子供の世話だけなら、そのほうがずっと楽だよね。
    本物のお荷物は、自分のことしか考えてない何もしない反抗期と思春期真っ只中みたいな大人。そして全くそのやばさに気が付かないところだろうなと思う。

  • ある日、新聞記者の仲上が仕事から帰ってくると、妻の鈴菜が娘の理央を連れて家を出てしまっていた。離婚後、すさんでいく生活を見かねた妹の和歌子から紹介されたのは、家事を習いたい男性のための山之上家事学校。

    家事のコツとか書かれていて、丁寧な生活が心を育むみたいなことが書かれていたらいやだな~と手に取るのをちょっとだけためらった。
    でも、近藤さんの本だもの、そんなはずはなかったのだ。

    確かに、日々の生活をなおざりにしないという話も書かれてはいるが、それも無理のない範囲でいいと。
    ここに書かれているのは、偏見からの解放というか、自分の目にはりついている鱗をベリベリ剥がしていくことの大切さである。

    男性しか入れないという学校の方針に「男性差別だ」とかみつく、男子大学生。やたらめったら文句を言う人は、心の奥にある本質的な問題から目をそらしている人でもある。
    女子大があるのも差別だというどこかで聞いたような文句も言うが、それに対して花村校長は「女子大が生まれたのは、昔の大学が男性中心」で、「女性が高等教育を学ぶことが難しかったから、女子大という形で、サポートすることが必要だった」からだと語る。

    そして、家事労働というやらなければいけないけれど、見えない仕事、やっても気付かれない仕事について、目が開かれていく仲上。わりと単純だなと思うが、素直なのはよい。ただ、単純さは鈍感さでもあり、一つ一つ意識しないと気付けない。意識しようとするだけ進歩しているわけだが。
    男性は生まれつき下駄を履いているので、まずそこから気付いていただきたい。

    この作品、読ませたい人は読まないんだろうな。

  • 題名からのイメージとは違い結構家族の在り方やパートナーとの生活について考えさせられた。
    自身と同様の男側からの視点からなので共感できる反面、異性からの考えも様々なんだろうと想像できる。
    生活、体調について自分も丁度見直していた時期と重なり、幸彦の生活の改善は良いものに見える。
    ただ短期の学校ということで他の生徒の入れ替わりや、人物の悩みがあまり深く掘りさげられないので各人の問題については少し薄かったかも。
    安易によりを戻さずに、安い話にならなくて良かった。これからもよき父親であってほしいと望む。
    ぜひこれからの関係と学校の行く末を続編で期待したいところ。

  • “家事”を通して家族の在り方や、社会システムの不足、ジェンダー平等に視点を向けたお話。
    この本の様に、生活が整って心も整うお話は共感できるし落ち着きます。
    身の回りにあるものを大切に扱って、豪華でない楽しみを持つ事、丁寧に生きる事は私にとって大きな価値のある事だと実感します。

全93件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年大阪府生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。1993年『凍える島』で「鮎川哲也賞」を受賞し、デビュー。2008年『サクリファイス』で、「大藪春彦賞」を受賞。「ビストロ・パ・マル」シリーズをはじめ、『おはようおかえり』『たまごの旅人』『夜の向こうの蛹たち』『ときどき旅に出るカフェ』『スーツケースの半分は』『岩窟姫』『三つの名を持つ犬』『ホテル・カイザリン』等、多数発表する。

近藤史恵の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×