スペイン戦争―ファシズムと人民戦線 (中公新書 104)

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121001047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『誰がために鐘は鳴る』を読んでスペイン戦争に興味を持った。人民戦線にとって痛恨だったのは、民主主義国家であるはずのイギリス、フランスの不干渉。ファシストはドイツ、イタリアの支援を受けていたのに、人民戦線は有志の義勇軍のよる支援しか受けられなかった。『誰がために鐘は鳴る』でいう、ロバート・ジョーダン。また、人民戦線は、共産党やアナーキストなど内部が決して一枚岩ではなかった。


    この戦争は第二次世界大戦の序章になったといわれるが、もしイギリスとフランスが人民戦線を支援し、スペインに共和国政府が成立していたら、その後の歴史はどう変わっただろうか?

全1件中 1 - 1件を表示

スペイン戦争―ファシズムと人民戦線 (中公新書 104)のその他の作品

斉藤孝の作品

スペイン戦争―ファシズムと人民戦線 (中公新書 104)を本棚に登録しているひと

ツイートする