水滸伝―虚構のなかの史実 (中公新書 296)

著者 :
  • 中央公論新社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121002969

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  中国四大奇書の読み物の一つと言われる水滸伝。小説でありながら当時の史実に基づいたエピソードが基になっている話が多いのだとか。四大奇書って?三国志演義、西遊記、金瓶梅そしてこの水滸伝だそうだ。

     そこで著者の宮崎氏は、実在の人物と小説の登場人物を検証し、特定を試みたり、実際との相違点を見出したりする。また、当時の政治状況や戦争、事件、役人の官職などに至っては時代考証まで行い、水滸伝の著者の杜撰さを暴いている。我々日本人が見てもちょっとやそっとではわからないが、宮崎氏にかかっては中国人研究者もびっくりだろう。私は「水滸伝」本体は読んでいなかったので、今度ぜひ読まなければならない。とりあえずコミックからはいるのも一考か。いろんな本がでているようなので。

     今回の本はAMAZONで購入した中古本である。昭和47年発行の新書だけあって、当初の値段はなんと280円という表示がきちんと残っていた帯に表示されていた。さすがに古いため背表紙のノリも乾燥硬直していたのか、78から79ページの間でバリっと裂けてしまった。他にも2か所でページが脱落した。修理用製本テープで補修したが、やはり古い本は要注意だ。

全1件中 1 - 1件を表示

水滸伝―虚構のなかの史実 (中公新書 296)のその他の作品

宮崎市定の作品

ツイートする