倭国―東アジア世界の中で (中公新書 (482))

著者 :
  • 中央公論新社
3.35
  • (2)
  • (2)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121004826

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1977年刊。著者は東京外国語大学教授。東洋史専攻。

     かなり古い本であるが、弥生後期から7世紀頃までの日本の国家形成に関して、東アジア情勢を加味しつつ解説した新書である。
     こういう書があるから、現在同種の書を読んだとしても、本書の焼き直し・リメイクに近いものと感じてしまう。それほど個人的には影響を受けた一書である。
     継体越前王朝や河内王朝などといった天皇家の断絶・分裂についても、蒙を啓かれたところ。まあ天皇家の断絶に関しては異論もあるようだが、東洋史全体と絡めた日本国家形成史を検討するのに読破する価値は高い。
     もっとも考古学的知見は甘い。専攻や時代からしてやむをえないが、技術伝来面・文化面は割り引く必要がある。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

岡田英弘の作品

倭国―東アジア世界の中で (中公新書 (482))を本棚に登録しているひと

ツイートする