国際報道の現場から (中公新書 (730))

  • 中央公論社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121007308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本、昭和59年に書かれた。今からちょうど30年前。でも今にも全然通用する気がする。これは日本のメディアが進歩してないってことなのかなんなのか。アメリカのテレビメディアが優れているという指摘、日本がそうでないという指摘、まさしくその通りかもしれない。古森さんも近藤さんも尊敬している方です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

産経新聞ワシントン駐在客員特派員。麗澤大学特別教授。
1941 年東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。米国ワシントン大学留学。毎日新聞社会部記者、サイゴン、ワシントン特派員、政治部編集委員を歴任。
87 年に産経新聞に移り、ロンドン、ワシントン支局長、初代中国総局長、ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員を歴任。
ベトナム報道でボ ーン・上田記念国際記者賞、「ライシャワー核持ち込み発言」報道で日本新聞協会賞、東西冷戦終結報道で日本記者クラブ賞、『ベトナム報道1300 日』( 講談社) で講談社ノンフィクション賞などを受賞。
主な著書に、『ODA 幻想』(海竜社)、『モンスターと化した韓国の奈落』『新型コロナウイルスが世界を滅ぼす』『米中激突と日本』(以上、ビジネス社)など多数。

「2021年 『アメリカの悲劇!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古森義久の作品

ツイートする
×