音楽の風土―革命は短調で訪れる (中公新書 (737))

著者 :
  • 中央公論社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121007377

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 刊行からすでに久しいこの本を思い出したのは、先般のイランの選挙のニュースを見たから。

    第1章第1節が「シャー去り、ホメイニー師来たれり」。
    この書がどのようなものであるか、私にはそれを述べる力量がないので、まずは以下、帯から引用する。

    シャーが去り、ホメイニー師が帰ってくる、その時に、テヘランの巷で聞えた唄声はどのように変わったか。訣れは長調で歓迎は短調で聞えた音楽は何を意味したのだろうか。革命の渦中で三年間を暮した著者は、イスラームの宗教風土とその民族音楽の研究を通じて、西洋文化圏を支配してきた平均律とはまったく異質な音楽世界を見出す。トルコ行進曲や教会ミサ曲の原型をたずねて、これまでの西欧中心の音楽文化観の見直しをはかる。
    (以上)

    今でも、いや、いつまでも興味深く読める本。著者の筆致は軽やかで駄洒落も多々、辛辣もまたその知性に裏打ちされたものだと感じる。
    以下、ついでながら目次も記しておく。
     ・革命は短調で訪れるこぞの雪今いずこ……
     ・「アーラーメ・ハチャトゥリアン?」
     ・トルコ行進曲のふるさと
     ・バッハじゃなかろうか
     ・鳥の唄

    迂闊なことに、私は自身の読書ノートに、この本を分類できるような項目を掲げていなかったように思う。
    東西のあわい、あるいは古今縦横なる著者の知性という意も込めて、「古今東西」に入れることにする。

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121007379/sakuranomorin-22" target="_blank"><img src="http://booklog.jp/img/noimage.gif" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121007379/sakuranomorin-22" target="_blank">音楽の風土―革命は短調で訪れる</a></div><div class="booklog-pub">五十嵐 一 / 中央公論社(1984/01)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121007379/sakuranomorin-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/ririmodel1/asin/4121007379" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年新潟市に生まれる。70年東京大学理学部数学科卒業、76年同大学院美学芸術学博士課程修了、同年秋よりイラン王立哲学アカデミー研究員として渡イ。現在、イラン哲学アカデミー客員、筑波大学助教授(比較文化学類)。専攻、イスラーム学、比較文化。著書に『知の連鎖』『イスラーム・ルネサンス』(共に勁草書房)、『音楽の風土』『摩擦に立つ文明』(共に中公新書)、『神秘主義のエクリチュール』(法藏館)、『東方の医と知』(講談社)など、訳書に『医学典範』(イブン・スィーナー、朝日出版社)などがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「1990年 『イスラーム・ラディカリズム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五十嵐一の作品

音楽の風土―革命は短調で訪れる (中公新書 (737))を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする