満州脱出―満州中央銀行幹部の体験 (中公新書 (769))

著者 :
  • 中央公論社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121007698

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 満州中央銀行に新卒一期生として入行し、終戦を新京(長春)で迎えた筆者の体験記。ソ連軍、八路軍(共産党軍)、国民党軍と、次々とやってくる軍隊への銀行業務の清算・引継ぎを終え、八路軍の封鎖により飢餓状態にあった新京を脱出し、まさに命からがらの物凄い体験を経て帰国するまでの話。満州中央銀行の業務や、若手行員時代の満州での生活も記述されている。彼が晩年役員を務めた会社と、私の仕事は現在大きな繋がりがあることは感慨深い。

  • 人間、責任感だなあ、と感じた。満州銀行は敗戦翌日にもちゃんと変わらず営業していた、と言うのに涙が出てしまった。ソ連・国民党・中共と、混乱期にあった中での銀行の引き継ぎと、飢餓地獄チャーズからの生還。手記というのは生々しい。

全2件中 1 - 2件を表示

武田英克の作品

ツイートする