家庭のなかの対話―話しあえない父親のために (中公新書 (779))

著者 :
  • 中央公論社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121007797

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伊藤友宣の家庭の中の対話を読みました。副題が「話しあえない父親のために」となっていて心を突いてきます。心に残ったのは大きく2つあって、一つは父親は子供と対話する場合に「説得」してしまう傾向があり、その場合は子供とけんかになってしまう。そうではなく、子供の気持ちを「受容」することが大事である、ということ。もう一つは最初に「情緒の共有」が出来ることにより、その上に「自立心」が芽生え、その上に「適応力」が培われて、これらの条件が整ったときに「知」の発達があるということ。

全1件中 1 - 1件を表示

伊藤友宣の作品

家庭のなかの対話―話しあえない父親のために (中公新書 (779))を本棚に登録しているひと

ツイートする