比較旅行学―理論と実際 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121009104

作品紹介・あらすじ

人生は一個の旅である。旅は比較体験の重ねと蓄積により効用を著しく累加させる。本書は、比較旅行へのいざない、旅行・比較旅行の効用、比較旅行のあれこれ、比較旅行のノウハウなどで比較旅行学の理論を示し、アジアとインド洋の国々の旅行録で実際を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトル損な本だよね。
    堅苦しいものではありませんので。
    よりよく旅行をし、
    実になる旅行をするための進め、といった感じです。

    ただし、この本の内容は古いので
    記述までもがえらい古いです。
    それぞれの国を訪れた部分は
    もう当てにはならないでしょう。
    呼称も、首都も変わっていますし。

    というか中国のそれは香港はもう
    正式に領土に復帰しましたからね。
    個人的にはトラック諸島が出てきたのが
    興味深かったです。

  • [ 内容 ]
    人生は一個の旅である。
    旅は比較体験の重ねと蓄積により効用を著しく累加させる。
    本書は、比較旅行へのいざない、旅行・比較旅行の効用、比較旅行のあれこれ、比較旅行のノウハウなどで比較旅行学の理論を示し、アジアとインド洋の国々の旅行録で実際を示す。

    [ 目次 ]
    1 そうろん・りろん篇(比較旅行へのいざない―細部の神をもとめて;旅行・比較旅行の効用―「旅行は学問のうち」;比較旅行あれこれ;比較旅行のノウハウ)
    2 かくろん・じっさい篇(アジアとインド洋の国ぐに)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

林周二の作品

比較旅行学―理論と実際 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする