鉄炮伝来―兵器が語る近世の誕生 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121009623

作品紹介・あらすじ

日本に鉄炮を伝えたのは、ポルトガル人ではなく倭寇だった。この新兵器の普及により、群雄争う戦国の世は一変、織田信長という寵児を生み、天下一統が成る。伝来当初は贈答品にすぎなかった鉄炮が、いったん合戦の場で威力を示すと、諸大名は先を競ってその装備を急ぎ、生産は飛躍的に高まった。この波紋は文禄・慶長の戦いの中で、朝鮮にも多大の影響を与えることになる。歴史の歩みを加速させた兵器を、文化として検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4121009622  175p 1990・2・25 ?

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1943年東京都生まれ。國學院大学大学院博士課程修了。国立歴史民俗博物館教授を経て、現在、同名誉教授。おもな著書に『瀬戸内水軍』『日本の海賊』『鉄砲と戦国合戦』『江戸の炮術』『真説・鉄砲伝来』ほか。

「2013年 『鉄炮伝来――兵器が語る近世の誕生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇田川武久の作品

ツイートする
×