昔話の考古学―山姥と縄文の女神 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.40
  • (2)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121010681

作品紹介・あらすじ

昔話の山姥は人をとって食う妖怪として恐れられてきたが、『古事記』や『日本書紀』に登場するイザナミやコノハナノサクヤビメのように豊穣をもたらす女神、ひいては縄文時代から崇められてきた母神を思わせる一面をも持っている。神話や、縄文時代の遺物などと照らし合わせながら、山姥の登場する昔話の意味を考え、それら昔話や神話の比較により、土偶や土器、石棒などに対して古代の人が抱いたと思われる宗教的意義を考察する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山姥伝説から日本書紀、古事記のオホゲツヒメ、ウケモチ、またイザナミとの類似性、さらに縄文土器に表された原始宗教の地母神信仰とメラネシアやニューギニアなどの古栽培民の芋やバナナの起源神話、さらに男根信仰までまとめて加えて、それでもわりと破綻してない感じですーぱーおもしろかった……。

  • 前半〜中盤にかけては山姥に関係する民話採集、日本神話の女神達との比較…なんだが7章あたりからが怒涛の流れですごく面白かった…まるでミステリの伏線回収のようで、読ませる構成だった。

  • 昔話で誰もが聞いたことのある山姥に関する話を「古事記」「日本書紀」等の神話の世界から読み解き、そしてそれらの比較から土偶等をはじめとする古代人の宗教観までを説明してくれています。

    誰もが聞いたことのある山姥に関する話が、日本各地の離れた所で同じ様な話が残っていたり、その話も様々なバリエーションがあることに驚きました。

    今ほど人の交流がない時代になんで日本の北と南で同じ様な話が伝承されているんでしょうね?
    これもやはり古代から連綿と同じ様な信仰が続いてくる中での偶然の産物なんでしょうね。

    それに人の多産にしろ食物の豊作にしろ豊饒へのあこがれとそれを生み出す女性への畏敬の念が古代人の心の奥底にあることがよくわかりました。
    やはり「女性は太陽」の言葉に間違いはないんですね。

全3件中 1 - 3件を表示

吉田敦彦の作品

ツイートする