ユニオン・ジャック物語―英国旗ができるまで (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.13
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121010797

作品紹介・あらすじ

本書は、十字軍遠征時に溯る十字旗の起源から、3本の十字をいかに組み合わせるかの苦心の数百年を経て、現行旗が19世紀初頭に確定するまでを丹念に辿りながら、識別標識から国家観の反映へと変化してゆく旗の意味を考察しようとするものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 資料ID:C0005519

    配架場所:本館2F新書書架

  • (r)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森 護 (もり・まもる)
1923-2000年、奈良県生まれ。早稲田大学商学部卒、同年NHK入社。政治部記者、神戸放送局放送部長、国際局報道主管等を経て、1980年定年退職。西洋紋章学や英国王室史に関する著書を多数出版。著書に『ヨーロッパの紋章・日本の紋章』『英国王妃物語』『英国王室史話』『スコットランド王国史話』『シェイクスピアの紋章学』『スコッチ・ウィスキー物語』『ユニオン・ジャック物語』『紋章学辞典』『英国の貴族』など。

「2022年 『紋章学入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森護の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×