中欧の分裂と統合―マサリクとチェコスロヴァキア建国 (中公新書)

著者 : 林忠行
  • 中央公論社 (1993年7月発売)
3.40
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121011404

作品紹介

19世紀半ば、多くの民族を統合していたハプスブルク帝国内のチェコとスロヴァキアの狭間に生まれた哲人政治家マサリクが、自己のアイデンティティーを求めた遍歴とチェコスロヴァキア建国の物語である。第1次世界大戦という総力戦の中での国際関係、ロシア革命、日本がシベリア出兵をする口実となったチェコスロヴァキア軍団事件など、さまざまの歴史の波動が重なりあう中欧で、マサリクが「祖国」を獲得していく過程を描く。

中欧の分裂と統合―マサリクとチェコスロヴァキア建国 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (1995.07.06読了)(1994.03.01購入)
    マサリクとチェコスロヴァキア建国
    (「BOOK」データベースより)amazon
    19世紀半ば、多くの民族を統合していたハプスブルク帝国内のチェコとスロヴァキアの狭間に生まれた哲人政治家マサリクが、自己のアイデンティティーを求めた遍歴とチェコスロヴァキア建国の物語である。第1次世界大戦という総力戦の中での国際関係、ロシア革命、日本がシベリア出兵をする口実となったチェコスロヴァキア軍団事件など、さまざまの歴史の波動が重なりあう中欧で、マサリクが「祖国」を獲得していく過程を描く。

  • 4121011406 225p 1993・7・25 ?

  • マサリクの生涯と、ハプスブルク帝国解体から新国家誕生までの中欧の歴史が書かれている。中欧の歴史なんてほとんど知らなかったけれど、この本はかなり分かりやすく解説してあって、流れをつかみやすかった。

全3件中 1 - 3件を表示

林忠行の作品

ツイートする