モスクが語るイスラム史―建築と政治権力 (中公新書)

  • 29人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 羽田正
  • 中央公論社 (1994年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121011770

作品紹介

イスラム世界の誕生から今日に至るまで、モスクという言葉や建物は一貫して存在する。また支配者の権威と敬虔さを示すモスク建築が、八世紀いらい有した意義は今日もさほど変わらない。ムスリムの「祈りの場」であるモスクは彼らの毎日の生活と密接な関わりを持ち、イスラム社会の特徴を映し出す鏡でもある。本書はモスクの建築史的変遷と社会における機能の変化を追い、モスクを通して、広くイスラム世界の歴史を見直す試みである。

モスクが語るイスラム史―建築と政治権力 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <閲覧スタッフより>

    --------------------------------------
    所在記号:新書||522.6||ハネ
    資料番号:10062603
    --------------------------------------

  • アヤソフィアについて学んだんだからモスクについても学ぼうということでの、トルコ旅行予習の3冊目。新書の割に写真や平面図などの図がいっぱいされてされているのが特徴。

    まったく知らなかったモスクについてのことを知ると同時に、なんとなく世界史の流れもおさらいできたような気がするが、歴史の流れ、文化の塊によって特徴が出るというのは当たり前かもしれないがおもしろい。予習ということではトルコのスレイマンモスクについてで十分だったのかもしれないが、それ以外の国にあるモスクも見に行きたくなってしまった!!

全1件中 1 - 1件を表示

羽田正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

モスクが語るイスラム史―建築と政治権力 (中公新書)はこんな本です

ツイートする