天平の僧 行基―異能僧をめぐる土地と人々 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
2.40
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121011787

作品紹介・あらすじ

奈良時代、寺院建設はもちろん、道路や河川・池溝の整備や掘削、あるいは架橋と、多くの事業を行ったという行基の実像は俗説の奥に隠れて未だ明らかではない。行基はなぜこれほど多くの事業を成し得たのか。行基像、あるいはその背景を、文献資料だけでなく、事業の足跡を実地に検証するとともに、彼の行動の背後にある有力な渡来人と技術集団、また同時に彼らによりもたらされた神や神仙思想を、行基八十余年の生涯にとらえる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東大寺設立で最大の貢献者とされている行基の菩薩行に注目。
    昔のお坊さんは活動的だよね。

  • 行基が行きた時代の資料は少なく、また不確かであるが、いくつかの資料を元に行基の人生をたどってみたもの。
    著者は朝鮮からの移民(と言っていいのかな)との繋がりがあったお陰で様々な建築や土木工事がなし得たのではと。
    関東在住者には関西の地理がわかりにくかったかな。

全2件中 1 - 2件を表示

千田稔の作品

ツイートする