裁かれる大正の女たち―「風俗潰乱」という名の弾圧 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121011831

作品紹介・あらすじ

大正年間、国家秩序の基盤は家父長権に支えられた家族制度であり、男性上位の社会秩序であった。これに反する者は古来の淳風美俗に反するとして厳しい規制を受ける。しかしこの圧力に反発する庶民のエネルギーもまた強く、その代表がたちであった。本書はの名のもとに弾圧され抵抗した有名無名の女性たちの姿を当時の新聞雑誌から再現し、デモクラシーとロマンティシズムに隠れたもう一つの大正史を照射する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大正時代の新聞記事をつぶさに調査し、社会の徹底した男尊女卑思想の姿をより明らかにしようというささやかな労作。

    今の時代では考えられないような女性蹂躙の姿が明らかになる。考察には多少の誤りもあるが、新聞記事引用の量、質の高さが白眉の一冊である。

  • 〈風俗潰乱〉の名のもとに弾圧され抵抗した有名無名の女性たちの姿

全2件中 1 - 2件を表示

清永孝の作品

ツイートする