江戸の親子―父親が子どもを育てた時代 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121011886

作品紹介・あらすじ

豊富な育児書や教科書が生み出された江戸時代の特徴は「父親が子どもを育てた時代」ということができる。「家」の継承に重きをおく社会では、子育てはいわば「公」のことであり、女を教導して良き子育てをすることこそ家の最高責任者たる男の義務であった。しかし、その意識も時代とともに変化し、自己愛の延長として取り組む父親像も見られるようになる。土佐藩士の記した『燧袋』に、江戸後期の家族とこれを取巻く社会の実際を窺う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三葛館新書 372.1||OO

    江戸時代の父子関係とはどうだったのでしょうか。
    土佐の下級武士の日記をひもときながら、江戸の親子関係を探った研究書です。
    変化がゆるやかな時代に家職継承の意味もあり父親が深く子育てにかかわっていたというのは納得できることです。
    時代による子育て感の違いがよくわかる一冊です。

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=22991

全1件中 1 - 1件を表示

太田素子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする