巫(かんなぎ)と芸能者のアジア―芸能者とは何をするのか (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121012753

作品紹介・あらすじ

苦汁に満ちた生を生きながら、道にさすらい、滑稽におどり、うたった朝鮮の芸能者広大(クヮンデ)。彼らは底辺にあって蔑まれつつも、なお、恨多き一生を終えた者たちにこだわり、その慰霊の旅に進んでわが身を投じた。本書は、諧謔の芸人広大を巫俗の世界にもどして、その「声」に耳傾けるとともに、ミャンマー、バリ島に足を伸ばして儀礼と芸能のうちに映し出されたアジアの神々の相貌を読み解く、民俗紀行の試みである。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アジアの国の精霊信仰は似ている。韓国のクッ、ビルマのナッ、タイのピィー。

全1件中 1 - 1件を表示

野村伸一の作品

巫(かんなぎ)と芸能者のアジア―芸能者とは何をするのか (中公新書)はこんな本です

巫(かんなぎ)と芸能者のアジア―芸能者とは何をするのか (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする