森林理想郷を求めて―美しく小さなまちへ (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121012845

作品紹介・あらすじ

5000年の都市文明の遷移を生態学的視点から捉え直し、新たな相としての定住スタイルを提唱する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これを読むと「あ、やっぱり森っていいなぁ」と思う人が多いんじゃないかと思う。

    とはいえ歴史的に見ても、森と共存しようとした都市は森と共に必ず終焉を迎えていることを見ると、楽観視ばかりもしていられない。本書の事例のような、森林大国フィンランドのエスポーやハリメンナも人が増えすぎれば森は衰弱する。

    しかしその実現の一端を垣間見れるという意味では、本書のような理想郷を追求する価値はあるように思う。

  • 2冊

全2件中 1 - 2件を表示

平野秀樹の作品

ツイートする