ジェイン・オースティン―「世界一平凡な大作家」の肖像 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.71
  • (7)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013439

作品紹介・あらすじ

世の多くの人達は日常を退屈と見なし、さまざまな形でロマンティックな世界に憧憬を抱く。ところがここにロマン主義の弱点を見抜き、持前の機智とユーモアと皮肉と諷刺で平凡な日常を非凡な喜劇的世界に転じた作家がいる。漱石が「平凡の大功徳」を心得た写実の大家と絶讃し、山本健吉が「世界で一番平凡な大作家の一人」と評した、英国の天才女流ユーモリスト、ジェイン・オースティンである。その生涯と作品の全貌を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB99499025

  • 著者は英文学者で、「高慢と偏見」、「説得」、「マンスフィールド・パーク」の翻訳者(いずれも中公文庫)。

    本書はジェイン・オースティンの生涯、作品概要、評価、当時の時代背景等を網羅的に説明した良書。
    内容が濃いので、オースティンの入門書というよりも、ファンとなってから読んだほうがより楽しめるのではないかと思います。

  • 2015

  • 世界一平凡な大作家。

  • レポートを書くために買ったのですが、その意向と本の内容がそぐわなかったです。だから何ともいえません。

全5件中 1 - 5件を表示

大島一彦の作品

ツイートする
×