終身雇用制と日本文化―ゲーム論的アプローチ (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.64
  • (2)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013491

作品紹介・あらすじ

終身雇用制は、信頼、自己規制などの日本の伝統的価値と結びついて、雇用の安定、労働意欲の向上、協力による生産効率の増大をもたらしてきた。反面、相次ぐ不祥事で負の側面も強調され、これを廃止して競争的制度を導入しようとする傾向が強まっている。しかし新たな制度に変更して、はたして日本人は高い経済効率を達成し、幸福感を味わえるであろうか。文化と経済の関係をゲーム論の視点から分析し、制度改善の方向を示唆する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    終身雇用制は、信頼、自己規制などの日本の伝統的価値と結びついて、雇用の安定、労働意欲の向上、協力による生産効率の増大をもたらしてきた。
    反面、相次ぐ不祥事で負の側面も強調され、これを廃止して競争的制度を導入しようとする傾向が強まっている。
    しかし新たな制度に変更して、はたして日本人は高い経済効率を達成し、幸福感を味わえるであろうか。
    文化と経済の関係をゲーム論の視点から分析し、制度改善の方向を示唆する。

    [ 目次 ]
    第1章 ゲーム論からみた終身雇用制
    第2章 日本的・組織的価値と終身雇用制
    第3章 終身雇用制の問題点
    第4章 終身雇用制の将来

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 終身雇用制ってもはや古臭いものと思ってしまうけど、この本を読んだら考え方が変わるかも。ゲーム理論も丁寧に説明されとるけん、勉強になると思う。

全4件中 1 - 4件を表示

荒井一博の作品

終身雇用制と日本文化―ゲーム論的アプローチ (中公新書)に関連するまとめ

ツイートする