ハワイ・南太平洋の神話―海と太陽、そして虹のメッセージ (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013781

作品紹介・あらすじ

ハワイ・南太平洋世界、すなわちポリネシア、メラネシア、ミクロネシアの島々に住む人々の神話には、日本の神話と類似したモチーフが発見できる。神話を南太平洋の自然現象、航海、農耕、漁撈、人々の生と死、社会と王権という具体的な脈絡のなかに置いてみると、そこに南太平洋の人々の生活と生活に根ざす世界観と思想が見える。本書は南太平洋の神話に生命を与え、同時に日本の神話や古代文化を南の海から照射する試みである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夢物語なハワイじゃない、民俗学の視点で捉えたハワイ。奥深いな。アイヌや琉球の人々のことも思った。

  • ・日本の海幸・山幸神話にある「釣針喪失神話」は環太平洋的に分布の広がりが見られる。
    ・ラピタ文化:紀元前1,600年頃~前500年頃
    ・イースター島=ラバヌイ島
    ・南太平洋の三つの言語系統:オーストラリア・アボリジニー語系統、パプア語系統、南島語系統
    ・ハワイの創世神話『クムリポ』

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ごとう・あきら
1941年、東京都生まれ。1967年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。山形大学教授、東京大学東洋文化研究所教授、東洋大学文学部教授を経て、現在、東京大学名誉教授。専攻は初期イスラーム史。『マホメットとアラブ』『イスラーム世界史』『ムハンマド時代のアラブ社会』、訳書にイブン・イスハーク著 イブン・ヒシャーム編註『預言者ムハンマド伝』全4巻<イスラーム原典叢書>など。


「2021年 『メッカ イスラームの都市社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤明の作品

ツイートする
×