贋作ドン・キホーテ―ラ・マンチャの男の偽者騒動 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121013958

作品紹介・あらすじ

遍歴の騎士が風車を怪物と見誤り、従士サンチョ・パンサが必死にとめるのもきかず、槍をかまえて突進していく-セルバンテス作『ドン・キホーテ』の有名な場面である。作品は発表当初から大評判となり、気を良くしたセルバンテスは後篇を出版すべく執筆に励んでいたのだが、そこへ非常に手の込んだつくりの贋作が現れた。偽物を読まされた作者の反応は、そして贋作者の真意とその正体は。黄金期スペイン文学史を彩る贋作騒動の顛末記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 贋作と真作はいかに関係しあったか。

  • ドン・キホーテに贋作があったってこと自体、初めて知った。それにしても作者の過激な反応は、まあ、しょうがないんだろうけど、何もそこまで……って気はする。粗筋を読むと、贋作は二次創作としても不出来らしい。

全2件中 1 - 2件を表示

岩根圀和の作品

ツイートする