インド現代史―独立50年を検証する (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014290

作品紹介・あらすじ

1947年インドは英国統治から独立、九七年に独立50周年を迎えた。初代首相ネルーは多様性の中の統一を国家目標とした。しかし独立から今日まで大部分の期間、インドは常に戦争の脅威と危機に見舞われる厳しい国際環境を生きてきた。憲法に世俗主義を謳い会議派主導できたこの国に、九八年春の総選挙でヒンズー至上主義の人民党連合政権が誕生した。インドの価値観、政治社会構造、機能メカニズムを平易に描き50年を検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インド人は政治が大好き。
    数多の宗教、民族、人種がいるからそれだけ大変だし、腐敗・汚職も相当に酷いらしい。
    インド人は東アジアに対して強いコンプレックスがあるらしい。旧植民地だったアジアがいつのまにかインドを抜いたから。でも日本とは友好関係がある。

全1件中 1 - 1件を表示

賀来弓月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする